失敗しない資産運用の秘訣とは?|初心者向けに徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

資産運用に興味をお持ちですか?

将来の年金に対する不安や、お金の動きについて勉強してみたいなどのことから、資産運用について関心を持たれる方は多いと思います。

ただ、特にこれまで資産運用について勉強も実践もしたことがなければ、「自分には難しそう」、「失敗したら怖い」、「何から始めればいいの?」などと感じてしまうのではないでしょうか。

そこでこの記事では、資産運用の仕組みや種類、初心者が資産運用をする上で身につけておくべき考え方などを徹底的に解説します。
これまでに資産運用をしたことがなくても、きちんと資産運用の仕組みを理解し、基本的な「考え方」を頭にいれて行えば、着実に資産を増やしていくことが可能なのです。この記事を読めば、これから資産運用をする上での準備は万全になること間違いなしです。

ぜひ参考にしてくださいね。

1.資産運用の仕組み

まず、資産運用の仕組みについて解説していきます。
資産運用の方法は、大きく分けてインカムゲインキャピタルゲインの2つがあります。

1-1.インカムゲイン

インカムゲインとは、金融資産から配当や利子による収入を得ることをいいます。

incomegain
インカムゲインの資産運用として、具体的には以下のようなものがあります。

・株式の配当金
・預金の利子
・FXのスワップ金利
・不動産投資の家賃収入

不動産投資について少し説明を加えます不動産投資におけるインカムゲイン方式とは、不動産を購入し、それを第三者に賃貸することで、毎月家賃収入を得ていく方法です。多くの場合、物件をローンで購入し、家賃収入の中からローンを返済していきます。毎月の家賃収入の中からローン返済やその他支出を引いたものが利益になります。

incomereal

1-2.キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは、金融資産を価格変動した時点で売買して利益を得ていくことをいいます。

capitalgain
キャピタルゲインの資産運用として、具体的には以下のようなものがあります。

・株式投資
・投資信託
・外国為替取引による利益
・不動産の売却益

不動産投資について少し説明を加えます。不動産投資におけるキャピタルゲイン方式とは、不動産を低価格の時に購入し、景気などの影響で価格が上昇した時に購入価格より高い価格で売却することで、差額の利益を得る方法です。

capitalreal

インカムゲインとキャピタルゲインについてより詳しく知りたい場合は、インカムゲインとキャピタルゲインについて徹底解説に詳しい解説がありますので、そちらを参考にしてください。

1-3.「資産運用」と「投資」の違い

「資産運用」と「投資」を同じ意味に思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、厳密にいえばこの2つは意味が違います。

「投資」とは、一定の法則性をもって結果が変動するものに対して資金を投じてリターンを得る行為そのものを指します。
一方「資産運用」とは、保有する金融資産全体を長い期間かけて目的とする水準まで安全に増やしていこうとする行為のことを指します。

資産運用は投資と違い、「長い目」で「金融資産全体」を見る必要があるのです。

2.資産運用方法をご紹介

ここからは、様々な資産運用の方法をご紹介していきます。

2-0.全体像

資産運用方法を「リスク」と「リターン」の観点からポジショニングマップにまとめると、以下のようになります。

riscreturnmap

2-1.ローリスク・ローリターン型

ローリスク・ローリターン型は、初期費用が少なくても始められる上にリスクも限定的ですが、その分得られる利益も小さいタイプの資産運用です。最も初心者でも始めやすいといえるでしょう。

ローリスク・ローリターン型の資産運用としては、以下のようなものがあります。

①預金
預金は、銀行にお金を預けて金利を得る方法です。
銀行の金利状況については、YAHOO!ファイナンスで随時確認することができます。

②個人向け国債
国債とは、国が資金調達のために発行する債券のことです。国債を持っていると国から利息が支払われ、満期(償還日)には額面金額のお金が戻ってきます。
参考:財務省HP

③外貨預金
外貨預金とは、文字通り外貨を預金することです。外貨を預金すると、国内預金以上の金利が得られる可能性があります。

それぞれ始めるのにどれくらいお金が必要かの目安をまとめると、以下のようになります。

預金 金融機関によって異なる(1円から可能なところも)
個人向け国債 1万円
外貨預金 金融機関によって異なる
参考:住信SBIネット銀行

※これらはきっちり決まっているものではないので、あくまで参考とお考え下さい。

2-2.ミドルリスク・ミドルリターン型

ミドルリスク・ミドルリターン型は、リスクが小さいとはいえませんがある程度自分でコントロールすることが可能で、成功すればそれ相応の利益が得られるタイプの資産運用になります。ある程度資産運用に慣れてきた方や、資産運用について実践しながら学びたいという方にはおすすめです。

ミドルリスク・ミドルリターン型の投資としては、以下のようなものがあります。

①投資信託
投資信託とは、資産運用の専門家が投資家から集めた資金を運用する方法です。つまり、資産運用の専門家に自分のお金の運用をお願いするという資産運用です。
投資信託の中で証券取引所に上場して売買がおこなわれているものをETFといいます。

②株式投資
株式投資は、企業が発行する株を売買して利益を出そうとする投資のことです。
株価が安い時に買って高い時に売ることで差額の利益を得ようとするキャピタルゲインと、株券を保有していることで配当金や株主優待を得ていこうとするインカムゲインがあります。

③外貨MMF
外貨MMFは、証券会社が取り扱う外貨建ての投資信託です。

④不動産投資
不動産投資は、不動産を購入し、それを第三者に貸し出すことで家賃収入を得たり、不動産価格が上がったタイミングで売却し差額の利益を得たりする資産運用です。

⑤REIT
REITとは「不動産投資信託」のことで、投資家から資金を集めて不動産を運用し、得た賃料収入などの利益を投資家に分配する金融商品のことです。

それぞれ始めるのにどれくらいお金が必要かをまとめると、以下のようになります。

投資信託 1万円くらいから買えるものが多い
株式投資 利益を出そうと思うと10万円前後から
外貨MMF 1,000円ほどから買えるものもある
不動産投資 100万円前後(ワンルームマンションの場合)
REIT 1万円くらいから始められるものもある

※これらはきっちり決まっているものではないので、あくまで参考とお考え下さい。

2-3.ハイリスク・ハイリターン型

ハイリスク・ハイリターン型は、失敗すればかなりの損失を負う可能性がありますが、成功すれば大きな利益を得られる可能性もあるというタイプの資産運用です。少しギャンブル性があるといえるでしょう。資産運用の上級者や、一気に巨額を手にしたい方におすすめです。

ハイリスク・ハイリターン型の資産運用としては、以下のようなものがあります。

①FX取引
FX取引は、米ドルやユーロなどの外国通貨を売買し、為替の変動による利益を得ようとする取引のことです。

②先物取引
先物取引は、金(きん)や農産物などの商品(原資産)を、将来のあらかじめ定められた期日に、現時点で取り決めた価格で売買する取引のことです。

それぞれ始めるのにどれくらいかかるかを表にまとめると、以下のようになります。

FX取引 5万円程度の少額からでも始められる
先物取引 利益を出そうと思うと10万円ほどから

※これらはきっちり決まっているものではないので、あくまで参考とお考え下さい。

2-4.初心者におすすめの資産運用をご紹介

以上、ざっと資産運用の全体像をご紹介しましたが、この中で初心者におすすめのものをあげるとしたら以下の5つになります。

・株式投資
・投資信託
・純金積立
・外貨預金
・不動産投資

①株式投資
株式投資はもっともポピュラーな資産運用の1つで、情報を得やすくノウハウもある程度確立していますので、初心者が始めるのにおすすめです。

②信託投資
信託投資は、少額でも始められ、実際の運用は専門家がやってくれますので初心者には安心といえます。

株式投資や投資信託について詳しく知りたい場合は、 投資にはどんな種類があるの?初心者におすすめの投資とは?に詳しい記載がありますので、そちらもあわせて参考にしてください。

③純金積立
数千円という手軽な金額から始められること、金には安定した価値があることから、純金積立も初心者におすすめです。

④外貨預金
ローリスクの預金は初心者にも始めやすい資産運用ですが、中でも外貨預金は国内よりも高い金利が設定されていますので少しリターンが大きいです。為替レートの知識が少し必要にはなりますが、基本的に国内の預貯金と同じようにできますので、初心者にもおすすめです。

⑤不動産投資
不動産投資は、始めるのにある程度まとまったお金が必要ではありますが、特別なスキルやノウハウは要らず、リスクコントロールもしやすいことから初心者にもおすすめです。また、長期的・安定的に収入を得られる、生命保険や年金の代わりになるなどメリットも非常に多いです。
不動産投資にご興味のある方は、【保存版】不動産投資の仕組みを初心者向けに1から徹底解説に詳しい記載がありますので、そちらもあわせて参考にしてください。

3.初心者にオススメの資産運用の考え方

初心者が資産運用を始めるとき、何も考えずに初めてはいけません。以下の3つの考え方を念頭に置きながら資産運用を始めるようにしましょう。

①目標から逆算する
②積み立てることから始める
③リスクを分散させる

3-1.目標から逆算する

「目標から逆算する」というのは、資産運用の目的や目標金額を明確にしてから実際の資産運用に取り組むということです。

ここで重要なのは、目標金額(どのくらいまで増やすか)と達成期限(いつまでに増やすか)をあらかじめ決めることです。あらかじめゴールを決めてから資産運用を始めれば、効率的な資産運用計画を立てることができます。

例えば、現在40歳の方が、65歳までに500万円の資金を3000万円に増やそうと考えたとします。この場合、25年間で2500万円増やすことが目標です。すると、「2500万円÷25年間=100万円」で、年間100万円以上の利益が見込める資産運用を選ぶべきと、やることが明確になります。

3-2.積み立てることからはじめる

資産運用には、積立型の資産運用というのがあります。積立型の資産運用は、毎月給料の一部を投資にあて、こつこつ資産を増やしていく運用のことです。

積立型の資産運用は、毎月の積立額を1,000円以下に設定することもでき、私生活を崩さない範囲で無理なく資産運用に取り組むことができます。いまはまだ元手が無い方や、怖いので最初は少額から始めたい資産運用の初心者の方にはオススメです。

3-3.リスクを分散させる

「リスクを分散させる」とは、運用対象を複数に分散させて資産運用を行うことです。

例えば、元手が300万円あった場合、300万円を1か所に全部投資するのではなく、100万円ずつ3か所に投資するのです。
300万円を1か所に全部投資してしまった場合、その投資先の会社なりがもし潰れてしまったら元手の300万円は全額なくなってしまいます。ところが、100万円ずつ3か所に投資していた場合、もし1か所が潰れてしまっても残り2か所が生きていれば元手の300万円全額がなくなることは防げます。

以上のように、分散型のメリットは元手が全額なくなってしまうというリスクを避けることができる点です。資産運用の初心者は、リスクを避けるために分散型の考えを持っておきましょう。

4.まとめ

資産運用の初心者が知っておきたい知識についてまとめましたがいかがでしたか。
この記事が、これから資産運用を始めてみようとお考えのすべての方の参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

不動産投資に関する最新情報をメールで受け取る

不動産投資に関する最新情報を届けるメールマガジンです。
クローズドのセミナーの案内や、メルマガだけで聞ける情報も盛りだくさん!
是非無料で登録してみてくださいね。

購読はこちらから