おすすめの分散投資とは!?リスクを抑えて効果的な投資をする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「分散投資」という言葉を聞いたことがありますか?

分散投資とは、投資において資産や投資先、投資のタイミングを分散させることでリスクを抑える考え方のことです。分散投資を正しく行えば確実に投資におけるリスクを抑えることができますので、特に投資初心者の方やこれから投資を始めようと考えている方は絶対に押さえておかなければいけない知識なのです。

そこでこの記事では、分散投資について1から徹底的に解説していきます。特に、初心者には少し難しい部分については、図やグラフも交えて分かりやすく解説していきます。これを読めば、分散投資についてしっかり理解し、リスクを抑えながら上手に投資を進めていくことができるようになるでしょう。

ぜひ参考にしてくださいね。

1.分散投資について

まず、分散投資とは何か、という点から解説していきます。

1-1.分散投資とは?

分散投資とは、投資において資産や投資先、投資のタイミングを分散させることでリスクを抑える考え方のことを指します。

これとは逆に、1つの投資先や1回のタイミングに絞って投資する方法を集中投資といいます。両者の違いは以下の図のようになります。

syutyutousibunsantousi

分散投資と集中投資の違いは、リスクとリターンの大きさです
分散投資はリスクを抑えられる分、それほど大きいリターンも期待できません。一方、集中投資はリスクが大きいですが、その分成功すれば大きな利益を上げることができます。
長期安定的に利益を上げたい場合は分散投資、短期集中的に利益を上げたい場合は集中投資をするのがオススメです。

以下、分散投資のメリット・デメリットについてより詳しくみていきます。

1-2.メリット

分散投資のメリットは、以下の2点です。

1-2-1.リスクを分散させることができる

分散投資の1番のメリットは、リスクを分散させることができることです。
ここでいう「リスク」というのは、投資した商品の価値が下がってしまうことで期待した利益の回収ができなかったり損益が出てしまったりすることをいいます。
複数に分けて投資をしておけば、1つの投資商品の価値が下がってしまっても、他の投資商品でカバーできればそれほど大きな損にはならないのです。

riscbunsanrei

1-2-2.安定した収入を得ることができる

また、分散投資をすることで安定した収入を得ることができるようにもなります。
値動きの異なる投資商品を組み合わせることで値動きが相殺されるので、収益が安定的に伸びる形になることが期待できるのです。

1-3.デメリット

一方、分散投資には以下2つのようなデメリットがあります。

1-3-1.大きなリターンは期待できない

分散投資では、大きなリターンは期待できません
投資においては、リスクとリターンは比例します。分散投資はリスクを抑えられる分、リターンが少ないのです。

1-3-2.管理に手間がかかる

また、分散投資は管理に手間がかかります
複数の投資商品の動きを気にしなければならなくなりますので、その分管理の手間もかかるのです。場合によっては取引手数料が多くかかってしまうこともあります。

2.分散の方法

一口に「分散させる」といっても、様々な方法があります。
以下、具体的に何をどう分散させるかについて、詳しく解説していきます。これらはどれか一つの方法で分散させるということではなく、それぞれを組み合わせてうまく分散させていくことが必要になります。

2-1.地域を分散させる

1つめは、地域を分散させる方法です。

例えば、国内と国外(海外)、欧州とアジアなどと投資先を分散させます。海外の投資先としては、外国株式や外国債券、外国投資信託、外貨建てMMF、外国の株式や債券で運用する投資信託などがあります。
こうすることで、例え国内が不景気の時でも、別の投資先の国の景気が良ければお互いをカバーすることができます。

2-2.投資商品を分散させる

2つめは、投資商品を分散させる方法です。

具体的には、株式と投資信託、株式と不動産投資などと、複数の投資商品に分散させて投資するのです。こうすることで、例え1つの投資商品で損益が出ても、もう一方の投資商品で利益が出ていればカバーすることができます。
投資商品にはどのようなものがあるか、詳しく知りたい方は投資にはどんな種類があるの?初心者におすすめの投資とは?に詳しい解説がありますのであわせて参考にしてみてください。

一番わかりやすいのが、株式投資と債券投資をした場合です。
株式と債券は、一般的に異なる値動きをします。好景気時に株価は上がり、債券の値は下がります。一方、不景気時では株価は下がり、債券の値は上がります。

kabusaikenbunsantousi

株式と債券に分散投資をすることによって、お互いのマイナスをカバーし合うことができ、リスクを下げることができるのです。

2-3.通貨を分散させる

3つめは、通貨を分散させる方法です。

円と米ドル、円と人民元、米ドルと豪ドルなどと、投資に用いる通貨を複数にします。こうすることで、例え一方の通貨が下落しても、もう一方の通貨が上がっていればお互いをカバーすることができます。

2-4.時間を分散させる

4つめは、時間を分散させる方法です。
時間の分散は、次の2つの意味で行われます。

2-4-1.投資タイミングの分散

1つは、投資タイミングの分散です。
投資タイミングの分散とは、一定の長期スパンの上で、複数回に分けて行う投資や売却によって、買値や売値が平均化されることによって高値つかみや安値売りを避けようとするものです。

tousitaimingubunsan

ドル・コスト平均法

投資タイミングの分散方法としてよく用いられるのは、「ドル・コスト平均法」です。
ドル・コスト平均法とは、日々価格が変動する金融商品を、一度に購入するのではなく複数回に分けて購入する方法です。これにより、買付単価が平準化しリスクを減らすことができるのです。

2-4-2.長期間投資

2つめは、長期間投資です。
長期間投資は、数年単位の長期間で投資をすることで、1年当たりの価格変動のブレが小さくなるという効果を期待する分散投資です。

tyoukikantousi

長期間投資で注意が必要なのが、価格のブレについて、あくまで1年当たりの平均的な価格のブレが小さくなるだけであって、数年間の累積の価格変動のブレは1年間のブレよりも大きくなるという点です。

3.まとめ

分散投資について書いてきましたがいかがでしたか。
この記事が、投資を分散させてリスクコントロールしていきたいと考えるすべての方の参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

不動産投資に関する最新情報をメールで受け取る

不動産投資に関する最新情報を届けるメールマガジンです。
クローズドのセミナーの案内や、メルマガだけで聞ける情報も盛りだくさん!
是非無料で登録してみてくださいね。

購読はこちらから