かんたん15秒であなたに合った不動産会社を診断

不動産投資会社の評判・口コミ一覧

水戸大家が廃業した理由とは?勝ち逃げの噂や社長の経歴を詳しく解説!

投稿日:

水戸大家が廃業した理由とは?勝ち逃げの噂や社長の経歴を詳しく解説!

皆さんは「水戸大家さん」という不動産投資会社をお聞きになったことがあるでしょうか?

「水戸大家さん」とは現在は廃業している会社ですが「2年で資産10億円になった人多数!自己資金が少なくても、年間家賃収入1億円超えが続出する不動産投資の極意を、あなたに公開いたします」などという謳い文句で物件仲介や融資サポートを手がけていた会社です。

同社の売上高は一時期15億円程度まで拡大し、名物社長である峯島忠昭氏はテレビにも多数出演するなど華々しい活躍ぶりを見せていました。

今回は未だに様々な伝説が残っている「水戸大家さん」について詳しく解説をしていきます。

1.水戸大家さんはどんな会社?

1.水戸大家さんはどんな会社?

水戸大家さんは2018年に廃業しており現在は会社自体がありません。

そのため、過去の情報としてお伝えしていきますのでご注意ください。

1-1.名物社長で有名

社長の峯島忠昭氏は「不動産投資大百科」という資料を無料で配信して、興味を持った人の相談に乗り不動産を売っていました。

一時期6,000人以上の相談に乗り5万人以上の投資家からヒアリングしたということで有名です。

過去には新築1棟マンション、中古一戸建て、中古区分マンション、地方アパートなど様々な物件を扱っており、これまでサラリーマン不動産投資業界で良くも悪くも大きな影響をもたらしてきました。

融資のアドバイスもしていましたがスルガ銀行問題の影響もあり廃業したとのことです。

2.水戸大家の代表取締役社長・峯島忠昭氏の経歴

2.水戸大家の代表取締役社長・峯島忠昭氏の経歴

名物社長として有名な峯島忠昭氏ですが、元々は不動産投資系だけでなく他の情報商材をメルマガで販売していた経歴を持っています。

本社は東京 六本木にあり長い髪の毛を後ろで束ねた独特の風貌もあり、当時から「怪しい」「胡散臭い」と話題になっていました。

散々、人に不動産投資を勧めておいて突然、廃業宣言をしたので「勝ち逃げ」なのでは?という意見もネットで話題になったものです。

スルガ銀行は2018年10月5日に不正融資問題の件で金融庁による行政処分が下されましたが、水戸大家さんが突然の廃業を決めたのは9月末でちょうど同時期に当たります。

2-1.峯島忠昭氏のプロフィール

何かと話題性のある峯島忠昭氏のプロフィールは以下の通りです。

  • 1980年11月25日、茨城県出身
  • B型、趣味はゴルフ
  • 小学校の頃の将来の夢は野球選手で高卒。居酒屋、新聞配達のバイトを経て「金持ち父さん、貧乏父さん」を読んだことから株を開始。
  • 不動産会社に就職、27歳の時に宅建を取得しブログとメルマガを開始して29歳で独立

年収は約2,000万円程度だったと言われており「世界を旅する年収1億円ブロガー」川島和正さんが運営する「川島塾」の元生徒だそうです。

川島氏はネットビジネス初心者向けの本を出して上手に集客するプロのブロガーですが、峯島忠昭氏は川島氏から自己ブランディングのノウハウを習得し自らのビジネスに上手く利用をしていました。

2-2.現在は「みねしましゃちょー」名義でYouTuber

かつて不動産投資で名をはせた「水戸大家さん」の名物社長 峯島忠昭氏ですが、現在は「みねしましゃちょー」名義でYouTuberとして活動中です。

何やら「はじめしゃちょー」を思わせるネーミングですが、チャンネル登録者数は3.85万人(2021年現在)でビジネスや不動産投資、夜の世界のオモシロ話など峯島氏らしい個性あふれる番組を多数提供しています。

やはり元不動産投資業界の名物社長だけあって人を飽きさせない上手な語り口が特徴です。

ご興味のある方は以下のリンクでご覧になってください。

↓ みねしましゃちょーの動画はこちら!

3.水戸大家さんの会社の評判・口コミ

3.水戸大家さんの会社の評判・口コミ

ここでは水戸大家さんの会社評判と口コミについてご紹介していきます。

3-1.良い評判・口コミ

従業員への還元は成果次第でしっかりされていたという良い口コミもあります。

20代 / 男性 /営業系

会社へ入れた利益の数パーセントがボーナスとして支払われる為、評価や報酬への不公平感や不満はない。

出典:転職会議

無料配布の資料や、社員の対応に関してはしっかりしていたという口コミも寄せられています。

20代 / 男性 /営業系

水戸大家さんの第一印象は受付嬢もよく訓練されており良いイメージを持ちました。また、次に電話に出て来た営業マンは知識・経験もありそうなイメージで、同社のメリットを強調する一方でできないことや都合の悪いこともハッキリ答え良い印象でした。電話を切ろうとすると自分の携帯番号を伝えることを忘れず、ソツのなさも感じました。
出典:不動産投資の森

3-2.悪い評判・口コミ

水戸大家さんには残念ながら悪い評判もあるようです。

会社にとってあまり利益のなさそうな客だと判断すると、社員の態度が悪くなるなどの口コミも寄せられています。

また投資物件を売る際の手法や内容が詐欺であったのではないか?という疑惑もあるようです。

↓ 「水戸大家さん」峯島忠昭氏が他のYouTuberに様々な疑惑を切り込まれている動画はこちら!

社内での教育体制が整っていないという印象もあったようです。

20代 / 男性 /営業系

新人の案件であろうと容赦なく、上司や先輩が奪う風土が染み付いており、人を押し退けてでもというタイプしか会社に残らず、結果仲が悪い。
出典:転職会議

5.「水戸大家さん 評判」に関するまとめ

水戸大家が廃業した理由とは?勝ち逃げの噂や社長の経歴を詳しく解説!

今回は不動産投資業界で急成長を遂げていた「水戸大家さん」について詳しく解説をしていきました。

不動産業界には巨額の資金が動くため海千山千の人物がうごめいている世界です。

不動産投資には危険も隣り合わせており、何も知らない素人がプロの業者のいう事を鵜吞みにして騙されてしまうことも少なくありません。

最も顕著な例が世間を騒がせた「かぼちゃの馬車事件」でしょう。

かぼちゃの馬車は株式会社スマートデイズという会社が行っていた女性専用シェアハウスのブランド名ですが、不動産投資家に「かぼちゃの馬車」の建築の話を持ち掛け、その後、建てられたシェアハウスをサブリースするという事業を行っていました。

家賃保証型サブリースを謳い空室が発生しても賃料が減らないタイプということで販売していましたが、管理会社であるスマートデイズが家賃の振込をしなくなったことにより、オーナーが建築費用のローンを返済できなくなり自己破産に追い込まれた人が多数いたのです。

またスルガ銀行が甘い審査でどんどん不正融資をしたためさらに被害が拡大し、結果スマートデイズは破産し、自己破産をするオーナーも続出しました。しかしスルガ銀行だけは未だに営業を続けています。

峯島忠昭氏もよく知らなかったためとはいえ、カボチャの馬車事件の案件は「1件だけ売った」と他のYouTuberの番組で認めていました。

このように不動産投資にはリスクがつきまとい、金融機関と販売業者を見極めないと自分の人生が狂ってしまうことにもなりかねません。

「水戸大家さん」は一時は飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長した会社ですが現在は廃業していることからも、不動産投資をする際には信用と実績のある会社を選ぶようにしましょう。

  • この記事を書いた人
松崎サブロー

松崎サブロー

イエベストの編集長です。宅地建物取引士。不動産会社では不動産投資、不動産売却、不動産賃貸、不動産管理など幅広く担当。 不動産に関わる難しい知識を初心者にもわかりやすい正しい情報として提供することを心がけています。

-不動産投資会社の評判・口コミ一覧

Copyright© イエベスト , 2021 All Rights Reserved.