不動産投資おすすめ会社ランキング【2019年最新版】

入居率が高い不動産投資会社おすすめランキング(マンション編)【2019年最新版】

更新日:

「空室リスク」これが不動産投資で、一番不安なものでしょう。

ローンの返済を家賃収入で賄うはずだったのに、空室のせいで、毎月の出費が10万以上も出て、苦んでいるという人もいらっしゃいます。

「じゃあ、入居率の高い会社なら安心だ」と思いがちですが、入居率は会社ごとに算出方法が違うので、見極めには注意が必要です。

今回、イエベストが見極めた、安心できる入居率の高いマンション投資会社5社をランキングで、紹介します。

入居率の見極めに困っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

入居率が高いマンション投資会社おすすめランキングTOP5!

5位.【FJネクスト】約2万戸の物件で入居率99%を達成

FJネクストは、CMでもおなじみの「ガーラマンションシリーズ」を開発から管理までトータルプロデュースしています。1980年創業、東証一部上場のワンルームマンション業界最大手の会社です。

278棟、19,067戸供給しているガーラマンションで入居率99%を達成

ガーラマンションシリーズは、1994年から分譲開始し、25年経った現在では、多くの方が知っているブランドにまでなりました。

そして、278棟19,067戸を供給しながら、年間平均99%の高入居率を実現しています。物件によっては、築年数が20年以上のものもありますが、それも含めての数値なので、長期運用でも安心できるデータになっています。

築年数が経っても、ブランド力立地デザイン設備・住みやすさ、にこだわっているため、変わらない価値を実現し、入居者も集まる物件であり続けています。

FJネクストは、信用力やブランド実績があるので、金融機関からの評価も高いです。

  • 上場企業またはそれに準ずる企業 または 公務員
  • 年収500万円以上
  • 25歳から39歳

こういった層のお客様を対象に、フルローンや、金利1%台の優遇金利も紹介しているので、当てはまる方にはおすすめです!(→FJネクストの評判・口コミをチェックする

FJネクストの公式サイトを見る

4位.【日本財託】中古物件20,000戸以上の入居率99%

日本財託は、中古ワンルームマンション業界で、他社にはない歴史と、実績がある老舗不動産投資会社です。

オーナー数7,907人、管理戸数21,727戸、入居率99%以上

日本財託は東京23区の中古ワンルームマンションに特化して、物件を仕入れ、販売しています。

一般的に中古物件は入居率が低くなりがちですが、日本財託では30年近い歴史がありながら、2019年6月末時点で、オーナー数7,907人管理戸数21,727戸全体入居率99.47%販売分入居率99.62%という高い管理実績を維持しています。

入居者募集に優れているため、オーナーが多くなっても、管理物件が多くなっても、変わらない入居率を維持することができているのです。ポイント会員2000人以上のネットワークや、都内5000社以上の賃貸仲介会社との連携は、他社が真似しようと思ってもなかなかできない日本財託だけの魅力でしょう。

管理を安心して任せられる日本財託

入居者募集も魅力的ですが、その他にも、滞納率0.01%分業制の専門チームのサポート退去から7日以内で内装工事を完了させるルールと、安心材料が多数で、管理を乗り換える人も多くいらっしゃいます。

また、管理に関してもセミナーを開いており、賃貸管理会社として29年培ってきた経験からメリットやリスクを勉強することができるようになっています。2019年6月時点で、累計23,000人が参加している様々なセミナーを毎月開催しています。

物件は違いは分からないから、それよりも、会社の管理力を重視して選びたいという人には、日本財託はおすすめです!(→日本財託の評判・口コミをチェックする

日本財託の公式サイトを見る

3位.【メイクス】2週間以上空室が続く物件が1%もありません

メイクスは、デザインを追求しているデザインが魅力的な不動産投資会社です。自社ブランドの「メイクスデザイン」の開発から管理まで自社グループでおこなっています。

安心できる2週間以内の空室データの入居率

メイクスの入居率は、14日以上の空室を元に算出したデータになっています。

そして、2019年平均入居率は、99.3%を達成しています。

他社のほとんどは、30日以上の空室から算出した入居率になっています。しかし、それだと、1ヶ月近く空室が続く可能性があり、不安です。たとえ、入居率100%でも、何度も退去が続くと、家賃に響いてきます。

メイクスでは、もし、退去者が出たとしても、すぐに修繕を行い、2週間以内には、入居者をつけることができるので、安心です。

また、メイクスの物件は、都内一等地の駅徒歩5分以内という好立地で、高級感のあるデザインにこだわっていることで、長期的にも資産価値の落ちないようになっています。

長期運用の不安を解消できるメイクスはおすすめです!(→メイクスの評判・口コミをチェックする

メイクスデザインの公式サイトを見る

2位.【トーシンパートナーズ】約10,000戸の管理物件で入居率99.9%

トーシンパートナーズは、30年の歴史がある売上240億円規模の不動産投資会社です。自社ブランド「フェニックス」「ZOOM」の開発から、アフターサポートまで全て自社でおこなっています。

入居率99.9%、滞納率0.02%の管理力

トーシンパートナーズの平成30年平均入居率は、99.9%です。しかも、約10.000戸の管理物件で年99.9%を達成しているのは驚きです。

そして、現在も、毎月の運用実績をHPで報告しています。

この高い入居率を維持し続けることができているのは、創業当時30年前に、住めればいいとしか考えられていなかったワンルームマンション「ステューディオタイプ」という広さ、デザイン、設備にこだわった新しいタイプを確立していたことが要因になっています。

立地の厳選や外観にもこだわっていたことで、20年以上前の物件でも入居率を落とすことがなく、資産価値の落ちない物件になっています。

また、2013年から販売している「ZOOM」シリーズでは、毎年グッドデザイン賞を取り続けており、他社と比べても優れた物件であることが伺えます。

不動産投資オーナーも住みたいと思ってしまう物件が魅力です。自分が気に入った物件で自信を持って不動産投資をしたい方にはおすすめです!(→トーシンパートナーズの評判・口コミをチェックする

トーシンパートナーズの公式サイトを見る

1位.【ベルテックス】入居率100%

ベルテックスは、創業わずか8年で売上191億円を達成した、急成長している企業です。一棟、区分、新築、中古と全てのマンションをベルテックスでは、購入することができます。

ベルテックス

都内の管理物件入居率100%

ベルテックスでは、なんと、入居率100%です。2017年11月時点で、1,400戸の都内管理物件に限ってですが、他社で100%を謳っている企業はないので、他社にはない魅力があると言えます。

入居率99%と言っても、10,000戸あれば、その中の100戸は空室の可能性がありますから、安心はできませんが、ベルテックスでは、新築だけでなく、中古も扱いながら、100%を達成しています。

自社で、販売だけでなく、賃貸管理、売買、リノベーションと幅広くおこなっていることで、入居者募集力にも繋がっていると考えられます。

そして、不動産投資を初めておこなう方には、月額777円(税込)で賃貸の管理サービスを提供しています。賃貸管理の面倒な作業を全てお任せしながら、高い利益を維持できるのは、嬉しいですね。

また、東京都内以外も合わせた管理物件全体でも、99.52%と高水準の入居率を維持しています。

信頼できる実績が人気に繋がっているベルテックス

他にも、ベルテックスでは、2018年に、国内最大級のモニター調査機関ゼネラルリサーチによる調査で、下記3項目で第1位を獲得するなど、魅力的な企業です。

  • 投資マンション販売会社 収益・キャッシュフロー満足度
  • 初心者が選ぶ 信用できた不動産投資会社
  • 不動産投資会社 早くて丁寧なサポート対応

そして、今までの信頼できる実績から、金融機関の評価も高く、頭金10万円台で、キャッシュフローを得られるローンや、頭金0円で、金利1%台の優遇金利を受けることが可能になっています。

また、セミナーの人気も高く、毎日4回(10:30、13:00、16:00、19:00)開催していて、参加者は、年間3,000名以上です。

ベルテックスは、都内100%の入居率を誇る企業です。将来の人口減少の不安があり、都内での不動産投資を希望している人には、おすすめです!(→ベルテックスの評判・口コミをチェックする

ベルテックスの公式サイトを見る

まとめ

入居率を重視して、マンション投資を検討している方は、この5社がおすすめです。

多くの不動産投資会社の営業マンは、うちは入居率が高いから、絶対安心ですと提案してきますが、数字の高さだけで信用しないように注意してください。

その入居率はどうやって算出しているのか、中古物件も合わせての入居率なのか、家賃を下げて入居者を集めていないかなど、しっかり確認をして見極めるようにしましょう。

※ランキング上位の5社は、入居率が高い企業の中でも特におすすめです。入居率を重視している人は、まず情報を集めてみましょう。1社だけだと、メリット・デメリットが分かりづらいので、最低でも2社以上は、比較して見ることをおすすめします。

松崎サブロー
スマホ・パソコンから30秒で、資料やセミナーの申し込みができますよ。

【1位】ベルテックス・・・入居率100%

【2位】トーシンパートナーズ・・・約10,000戸の管理物件で入居率99.9%

【3位】メイクス・・・2週間以上空室が続く物件が1%もありません

【4位】日本財託・・・中古物件20,000戸以上の入居率99%

【5位】FJネクスト・・・約2万戸の物件で入居率99%を達成

バナー原稿imp
  • この記事を書いた人
松崎サブロー

松崎サブロー

イエベストの編集長です。宅地建物取引士。不動産会社では不動産投資、不動産売却、不動産賃貸、不動産管理など幅広く担当。 不動産に関わる難しい知識を初心者にもわかりやすい正しい情報として提供することを心がけています。

-不動産投資おすすめ会社ランキング【2019年最新版】

Copyright© イエベスト , 2019 All Rights Reserved.