不動産投資会社おすすめランキング

上場しているおすすめ不動産投資会社ランキング【2019年最新版】

更新日:

上場

「不動産投資をしようとしているけれど、不動産投資会社がたくさんありすぎて、どの会社を選んで良いかわからない!」という方、多いですよね。

特に、不動産投資は初期費用や、税金のこと等、知っておくべき知識が多くあるのに、ちゃんと中身を理解している人はごく僅か。

そのため、いざ不動産投資会社を選ぼうと思っても、どの会社がよいのかは簡単には選べないでしょう。

そこで今回は、数々の会社の評判記事を書いてきたイエベスト編集部が「上場している」という条件で、全国の不動産投資会社を徹底調査!その中から本当におすすめできる不動産投資会社、上位5社を紹介します。

果たしてどの不動産投資会社が最もおすすめなのでしょうか?ぜひ会社選びの参考にしてくださいね!

イエベスト編集部で比較検証しています!

上場企業で不動産投資をするメリット

東京証券取引所

上場企業に不動産投資するメリットは「安定性」にあります。

日本には約381万の会社があるといわれています。その中で、上場している企業は全体のわずか0.1%しかありません。

そして、上場するためには、

  • 株主数(上場時見込み)
  • 流通株式(上場時見込み)
  • 時価総額(上場時見込み)
  • 事業継続年数
  • 純資産の額(上場時見込み)
  • 利益の額又は時価総額

などの項目を、厳しい基準でクリアする必要があります。(※参照:「上場審査基準」JPX 日本取引所グループ)

不動産投資の場合、物件を購入してからがスタートです。万が一、投資した会社が倒産等してしまうと大きな損失を被ることになります。

そういう意味で、安定した上場企業で不動産投資をおこなうメリットは大きいといえます。

不動産投資をする目的

そもそも、あなたが不動産投資をする目的は何でしょうか?

「副業をしたい」「節税対策をしたい」「年金の代わりにしたい」人それぞれさまざまな目的を持って不動産投資をおこないますが、共通しているのは「不動産投資を通して収益を上げる」ことではないでしょうか。

つまり、不動産投資会社を選ぶ際には、確実に収益をあげられるような不動産投資会社を見極める必要があるのです

上場しているおすすめの不動産投資会社TOP5

ここでは「不動産投資を通して収益を上げる」ことが実現可能な、上場している不動産投資会社を紹介します。

サービス内容、特徴を比較し、不動産投資会社選びの参考にしてください。

5位.【デュアルタップ】創業10年でJASDAQ、2018年東証2部に上場

デュアルタップは、創業から10年でJASDAQ、2018年には東証2部に上場し、急成長をしている企業です。

デュアルタップの特徴

  • 企画開発、販売、管理までをワンストップで対応
  • 海外不動産事業にも進出
  • 初心者や女性向けのセミナーが多い

企画開発、販売、管理までをワンストップで対応

デュアルタップでは、自社ブランドの都心型ワンルームマンション「XEBEC(ジーベック)」の企画開発、販売、管理までをワンストップで対応しています。

物件の立地は、東京都心の最寄り駅から10分以内を基準に、土地の選定・開発をおこなっています。

また、デザイン面でも優れており、エントランスに品質の担保された石張りやタイル張りの素材感を活かすなど、豪華な仕様になっています。

その結果、人気が高く、入居率は、99.6%(2019年7月時点)と高水準です。

海外不動産事業にも進出

デュアルタップでは、海外不動産事業にも進出しています。

2012年にマレーシア、2014年にはシンガポールに、それぞれ海外拠点を設置しています。

日本で生活しながら、経済成長率が高いアジア諸国等に投資できるのは、デュアルタップならではの特徴です。

初心者や女性向けのセミナーが多い

デュアルタップでは、定期的に不動産投資セミナーが開催されており、初心者や女性向けのセミナーが充実しています

2019年8月現在時点で、少なくとも次の3つのセミナーが開催されています。

【無料セミナー】やさしいマンション経営~メリット&リスク編~」では、セミナー後に無料個別面談会も開かれており、不動産投資に関する疑問を気軽に質問することが可能です。。

※デュアルタップの会社の評判については「デュアルタップの評判・口コミ|初心者向けの投資?それとも上級者向け?」の記事もご覧ください。

デュアルタップの公式サイトを見る

4位.【FJネクスト】2004年JASDAQ、2013年東証一部に上場

FJネクストは、2004年JASDAQ、2013年に東証一部に上場。現在は、売上800億を超えるグループでワンルームマンション業界では最大手の不動産投資会社です。

FJネクストの特徴

  • 創業39年、供給実績278棟19,067戸の実績
  • 駅徒歩10分以内、厳選された立地
  • 初心者、中級者向けのセミナーを用意

創業39年、供給実績278棟19,067戸の実績

FJネクストは、創業39年、供給実績278棟19,067戸の実績を持ち、2019年3月決算では、売上815億円を達成しています。

首都圏の資産運用型マンションの供給実績では、2015年、2016年に事業主ランキングで1位2017年、2018年には2位に選出されています。

278棟、19,067戸を供給しながら、年間平均99%の高入居率を達成しているのもポイントです。

駅徒歩10分以内、厳選された立地

FJネクストの物件は、都心エリアを中心に東京23区、横浜市、川崎市などに、駅徒歩10分以内の厳選された立地にあります。

東京都内の物件割合は78.8%。23区内の物件が76.5%以上、その中で、一等地と呼ばれる

  • 港区
  • 中央区
  • 目黒区
  • 品川区
  • 千代田区
  • 渋谷区
  • 新宿区
  • 文京区

などの区の割合が49.2%にもなっています。(2019年データ)

立地の良さは、物件価値の下落防止に繋がるため、長期的な視点でも安心感があります。

初心者、中級者向けのセミナーを用意

FJネクストでは、「FJ不動産投資カレッジ」という、初心者、中級者向けのセミナーを開催しています。

創業39年、供給実績278棟19,067戸の実績で得た、独自のノウハウを無料で公開してます。

さらに、ニーズに合わせたFJ個別相談会も実施していますので、自分に合ったものに申し込んでみましょう。

※FJネクストの会社の評判については「FJネクストの評判・口コミ|CMでおなじみのガーラマンションシリーズ」の記事もご覧ください。

FJネクストの公式サイトを見る

3位.【グローバルリンクマネジメント】2017年マザーズ、2018年東証一部に上場

グローバル・リンク・マネジメントは、不動産ソリューション×ITの事業にも乗り出した、売上220億円の東証一部上場企業です。

グローバル・リンク・マネジメントの特徴

  • 自社ブランド「アルテシモシリーズ」のエリアは3チカ
  • 国内唯一「7年更新のサブリース」
  • 月に100回以上、満足度99%のセミナーを開催

自社ブランド「アルテシモシリーズ」のエリアは3チカ

グローバル・リンク・マネジメントの自社ブランド「アルテシモシリーズ」の特徴は、「3チカ」と呼ばれる立地にあります。

  • 駅からチカい(駅から徒歩10分圏内
  • 都心からチカい(ターミナル駅まで30分前後
  • 高いチカ(高い地価

これら3つに徹底的にこだわり用地取得をしているため、長期に渡り、資産価値が落ちず、入居率も99.5%(2019年7月現在)と需要も高くなっています。

国内唯一「7年更新のサブリース」

グローバル・リンク・マネジメントでは、国内で唯一、7年ごとにサブリースの見直しのをおこなうシステムを採用しています。

他社では、2年ごとのサブリース契約が一般的で、そのたびに家賃を下げられる危険性があります。

しかし、グローバル・リンク・マネジメントでは7年更新なので、短期間で家賃を下げられる心配がありません

万が一、家賃の値下げをおこなう場合でも下限5%までと決められています。

月に100回以上、満足度99%のセミナーを開催

グローバル・リンク・マネジメントでは、無料の不動産投資セミナー「0からはじめる不動産投資セミナー」を渋谷・新宿では、1日3~5回、銀座・大手町では、定期的に開催しています。

時間帯は、朝7時開始のセミナーから、夜18:30開催のセミナーまでと、幅広く対応しています。

※セミナーの内容が気になる方は「【実録】グローバルリンクマネジメントのセミナーに不動産投資初心者が行ってみた」をご覧ください。

※グローバル・リンク・マネジメントの会社の評判については「グローバル・リンク・マネジメントの評判・口コミ|国内唯一のサブリース」の記事もご覧ください。

グローバル・リンク・マネジメントの公式サイトを見る

2位.【プロパティーエージェント】2015年JASDAQ、2017年東証二部、2018年東証一部に上場

プロパティエージェントは、2015年JASDAQ、2018年東証一部に上場し、現在も急成長を続ける不動産投資会社です。

プロパティーエージェントの特徴

  • 東京23区、横浜など、利便性が高い立地を厳選
  • サブリースでの家賃下落が過去10年間「0%」
  • 初心者向けセミナーを開催

東京23区、横浜など、利便性が高い立地を厳選

プロパティエージェントの物件は、東京23区、横浜など、利便性が高い立地を厳選されています。

  • 目黒区
  • 品川区
  • 新宿区
  • 港区
  • 千代田区
  • 中央区

などに、駅から徒歩5分以内が60%程度と高水準で物件を保有しています。

その結果、入居率は99.8%と非常に高い水準になっています。

サブリースでの家賃下落が過去10年間「0%」

プロパティエージェントでは、サブリースでの家賃下落が過去10年間「0%」です。

サブリース契約を行うと毎月安定的に収入が入り、物件管理や入居者管理などをせずに安定的に家賃を得ることができます

一見メリットしかないサブリースですが、2年毎に契約更新ができるため家賃を下げられてしまう場合があります。

空室率が高くなってしまうと家賃を下げて人を集めざるを得ず、家賃収入が減少してしまうものです。

しかし、プロパティエージェントのクレイシアシリーズでは過去10年間サブリースでの家賃下落率は0%です。

家賃下落をされることがないので、安心して投資に専念することが可能です。

初心者向けセミナーを開催

\

プロパティーエージェントでは、これから不動産投資を始める方を対象に「0から始める不動産投資セミナー」を開催しています。

参加者には、不動産投資の基本が学べる本「ほんとうはこんなに身近だった不動産投資」がプレゼントされます。

プロパティーエージェントのセミナーの内容についてより詳しく知りたい方は、実際のセミナー参加レポート記事「【実録】プロパティエージェントのセミナーに不動産投資初心者が行ってみた」をご覧ください。

※プロパティーエージェントの会社の評判については「プロパティーエージェントの評判・口コミ|迷惑電話は会社も認める事実」の記事もご覧ください。

プロパティーエージェントの公式サイトを見る

1位.【GAtechnologies/GAテクノロジーズ】創業わずか5年で東証マザーズ上場

GAtechnologiesの評判

株式会社GAtechnologiesは、創業5年で東証マザーズ上場。初値で公募価格の2倍以上の値を付け注目を浴び、現在も、業績が右肩上がりで伸びている急成長企業です。

GAtechnologiesの特徴

  • 不動産×IT。テクノロジー導入による効率化
  • 東京、大阪の希少価値の高い中古ワンルームに特化
  • 入居率は99.4%と高水準。賃貸管理費が月額一律1,080円(税込)

不動産×IT。テクノロジー導入による効率化

経営理念に「テクノロジー x イノベーションで、人々に感動を。」と掲げており、不動産会社としては珍しくエンジニアを積極的に採用するなど、テクノロジーに力を入れている会社です。

技術力を活かし、物件の情報管理ツールや、社内運用システムなどを自社内で独自開発しています。

例えば、アプリ「OWNR by RENOSY(オーナーバイリノシー)」を使えば、スマホ一台で、所有物件の現状や、契約書の確認、キャッシュフロー、新着販売物件まで、不動産投資に関する様々な情報を手に入れることが可能となっています。

不動産業者でありながら「一般社団法人人工知能学会」「一般社団法人データサイエンティスト協会」などテクノロジー系の加盟している点も特徴です。

東京の希少価値の高い中古ワンルームに特化

GAtechnologiesでは、取扱い物件を、東京の希少価値の高い中古ワンルームに特化しています。

主要都市のワンルームマンションは、人口集中や建築規制の観点から見ても、今後も安定した需要があり、資産価値の維持が期待できるからです。

入居率は99.5%と高水準。賃貸管理費が月額一律1,080円(税込)

GAtechnologiesの物件では、入居率は99.5%と高水準です。

マンション投資の最大のリスクなので、安心できる数字です。

また、通常の不動産賃貸管理会社では、管理代行手数料が家賃の3~5%が必要ですが、GAtechnologiesの物件では、賃貸管理費は月額一律1,080円(税込)です。

仮に月の家賃が10万円だとした場合、賃貸管理費は月額3,000~5,000円、年間で3万円~5万円になります。

比較すると、その差は、3倍~5倍

ランニングコストは破格の安さ、しかも仲介手数料も0円なので、本業で忙しく働きながらも、安心してマンション経営をすることができます。

※GAtechnologiesの会社の評判については「GAtechnologiesの評判・口コミ|投資家が集まる秘密」の記事もご覧ください。

GAtechnologiesの公式サイトを見る

検証結果比較表

 1位.GAtechnologies/GAテクノロジーズ2位.プロパティーエージェント3位. グローバルリンクマネジメント4位.FJネクスト5位. デュアルタップ
運営年数6年15年14年39年13年
上場東証マザーズ東証一部東証一部東証二部東証二部
資本金1億円5億4,878万円 4億9,800万円27億7,440万円2億1,555万円
入居率98.9%(2018年6月時点)99.89%(2019年6月時点)99.73%(2019年7月時点) 99%(2019年3月時点)99.6%(2019年7月時点)

まとめ

不動産投資を通して収益を上げる」ことが実現できる観点で、上場している不動産投資会社を紹介しました!

ぜひ何度も読んで、サービス内容、特徴を比較し、不動産投資会社選びの参考にしてください。

※おすすめランキング上位の5社は、スマホ・パソコンから資料を申し込むことができます。

気になった企業があれば、まとめて申し込みをしてみましょう。

サブロー
スマホ・パソコンから30秒で、資料やセミナーの申し込みができますよ!

【1位】GAtechnologiesの公式サイトを見る

【2位】プロパティーエージェントの公式サイトを見る

【3位】グローバルリンクマネジメントの公式サイトを見る

【4位】FJネクストの公式サイトを見る

【5位】デュアルタップの公式サイトを見る

  • この記事を書いた人
松崎サブロー

松崎サブロー

イエベストの編集長です。宅地建物取引士。不動産会社では不動産投資、不動産売却、不動産賃貸、不動産管理など幅広く担当。 不動産に関わる難しい知識を初心者にもわかりやすい正しい情報として提供することを心がけています。

-不動産投資会社おすすめランキング

Copyright© イエベスト , 2019 All Rights Reserved.