一般コラム

口座開設におすすめな銀行TOP3を紹介!メガバンクとネット銀行を比較

更新日:

口座開設におすすめな銀行TOP3を紹介!メガバンクとネット銀行を比較

新しく口座開設するならネット銀行がおすすめです!

メガバンクと比較して、金利が約10倍も高く、使い勝手も良いからです。

しかし、そんなことを急に言われても、

  • 「メガバンク」と「ネット銀行」は何が違うの?
  • それぞれメリットとデメリットもあるんじゃないの?
  • 結局、どの銀行を選べばいいの?

という疑問が思い浮かぶのではないでしょうか??

せっかく時間をかけて新しく口座開設するのですから、自分にぴったり合った銀行を選びたいですよね

そこで本日は、「メガバンク」と「ネット銀行」の違いは?という基本的なところから、メリット、デメリット、選び方等までを網羅的に紹介します!

この記事を読むと分かること

  • 「メガバンク」と「ネット銀行」の違い
  • 「メガバンク」と「ネット銀行」の選び方
  • 「メガバンク」と「ネット銀行」のおすすめTOP3
  • 「メガバンク」と「ネット銀行」のメリット・デメリット

1.「メガバンク」と「ネット銀行」の違いは"金利"と"ATM手数料"

「メガバンク」と「ネット銀行」の違いは"金利"と"ATM手数料"

「メガバンク」と「ネット銀行」の違いは、窓口があるかないか?ネットで取引が完結するか?など様々あります。

その中でも特に、"金利"と"ATM"手数料に現れます

この違いが「2.口座開設する銀行のおすすめの選び方」に大きく関係します。

2.口座開設する銀行のおすすめの選び方【3つのポイント】

2.口座開設する銀行のおすすめの選び方【3つのポイント】

ここでは、どのように銀行を選べばい良いのか?具体的な3つのポイントを紹介します。

2-1.目的で決める

1つ目は、口座開設する目的で銀行を選ぶ方法です。

銀行口座を開設する目的は、大きく次の2つに分けることができます。

  1. 通常利用:給与の受け取り、生活費の入出金など用
  2. 資産形成利用:貯金して資産を増やす用

通常利用が多く、資産を安定的に確保したいのであれば信頼と実績あるメガバンクに、資産を増やしたいのであれば金利の高いネットバンクが良いでしょう。

2-2.金利で選ぶ

2つ目は、口座開設する銀行の金利の高さで選ぶ方法です。

例えば、メガバンクと楽天銀行を比較した場合、このような違いが出てきます。

  • メガバンクの金利:0.001%~
  • 楽天銀行の金利:0.10%

金利の高さは約10倍!これはネット銀行の方が圧勝です。

3-3.ATM手数料で選ぶ

最後が、ATM手数料で選ぶ方法です。

メガバンクのATM手数料は1回200円程度。ネット銀行は無料の場合が多いです。

ATMを頻繁に利用するかどうか?も1つのポイントです。

3.メガバンクで口座開設するならおすすめの銀行

1位.【三菱UFJ銀行】全世界265社の子会社!日本最大の総合金融グループの銀行

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行は、全世界265社の子会社!日本最大の総合金融グループの銀行です。

ATM設置台数は、全国77,000台。出張や旅行などで日本各地に出向いた時にも、安心して使うことができます。(※地方都市は少なめ)

ネット銀行って何だか信用できない」という方にとっては、ぴったりの信頼性抜群の銀行です。

普通預金金利(年率・税引前) 年0.001%
定期預金金利 1年 年0.001%
3年
5年
コンビニATM出金手数料(税抜) セブンイレブン 0時~8:45→220円
8:45~18時→110円
18時~24時→220円
ローソン
ファミリーマート
ミニストップ
振込手数料 同行宛:100円
他行宛:275円(※3万円以上は440円)

2位.【三井住友銀行】業界2位のシェア!緑カラーが特徴の銀行

三井住友銀行

三井住友銀行は、業界2位のシェアを誇る、緑カラーが特徴の銀行です。

キャッシュカードでそのまま買い物をすることが可能で、ポイントを貯めてお得に生活することも出来ます。

ATMも全国に約6,000台あるので、入出金にも困りません

普通預金金利(年率・税引前) 年0.010%
定期預金金利 1年 年0.010%
3年
5年
コンビニATM出金手数料(税抜) セブンイレブン 0時~8:45→220円
8:45~18時→110円
18時~24時→220円
ローソン
ファミリーマート
ミニストップ
振込手数料(税込) 同行宛:無料
他行宛:220円(※3万円以上は440円)

3位.【みずほ銀行】メガバンク唯一の日本全国47都道県に展開している銀行

みずほ銀行

みずほ銀行は、メガバンクで唯一、日本全国47都道県に展開している銀行です。

日本全国に約7,200のATMが設置されており、日本全国どこにいても安心して取引することができます。

世界の大企業の8割、国内上場企業の約7割との取引実績があり、信頼性も抜群です。

普通預金金利(年率・税引前) 年0.001%
定期預金金利 1年 年0.001%
3年
5年
コンビニATM出金手数料(税抜) セブンイレブン 0時~8時→220円
8時~8時45分→220円
8時45分~18時→110円
18時~24時→220円
ローソン
ファミリーマート
ミニストップ
振込手数料 同行宛:無料
他行宛:220円(※3万円以上は440円)

4.ネット銀行で口座開設するならオススメの銀行

1位.【楽天銀行】700万口座突破!アプリダウンロード数500万突破のネット銀行

楽天銀行 おすすめ

楽天銀行は、700万口座突破!アプリダウンロード数500万突破のネット銀行です。

特徴は、普通預金金利が「0.10%」と高いことです。

「楽天証券」と口座を連動させるサービス「マネーブリッジ」を利用することで、金利が0.02%から一気に5倍に上がります。

また、ATMへの入出金、他口座からの振り込みをする度に、楽天市場で使うことができる「楽天スーパーポイント」が貯まることもお得な点です。

普段から楽天のサービスを利用される方には120%おすすめのネット銀行です。

普通預金金利(年率・税引前) 0.10%
定期預金金利 1年 0.03%
3年
5年 0.04%
コンビニATM出金手数料(税抜) セブンイレブン 月7回まで無料。以降200円
ローソン 月7回まで無料。以降250円
ファミリーマート
ミニストップ 月7回まで無料。以降200円
振込手数料
(ネット取引の場合は税抜)
同行宛:無料
他行宛:月3回まで無料
セキュリティ対策 パスワード認証・自動ログアウト・デジタル証明書・スマホ認証・インターネットバンキングロック

2位.【住信SBIネット銀行】預金残高5兆円!業界No.1のネット銀行

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行、預金残高5兆円!業界No.1のネット銀行です。

特徴は、4段階のランク判定により優遇が変わる「スマートプログラム」を導入していることです。

ランクが上がると、ATMの出金手数料や他口座への振込手数料が月15回分無料になります。

また、一人の名義内で5つまで口座を分けて管理できる「目的別口座」を使えば、新しく複数の口座を作る必要がありません。

貯金用、生活費用、旅行資金積立など、分けて資産を管理したい方におすすめのネット銀行です。

普通預金金利(年率・税引前) 0.10%
定期預金金利 1年 0.03%
3年
5年 0.04%
コンビニATM出金手数料(税抜) セブンイレブン 月7回まで無料。以降200円
ローソン 月7回まで無料。以降250円
ファミリーマート
ミニストップ 月7回まで無料。以降200円
振込手数料
(ネット取引の場合は税抜)
同行宛:無料
他行宛:月3回まで無料
セキュリティ対策 パスワード・番号表認証・スマート認証・Eメール通知

3位.【ソニー銀行】全国約90,000台のコンビニATM・提携しているネット銀行

ソニー銀行

ソニー銀行は、全国約90,000台のコンビニATM・提携しているネット銀行です。

特徴は、日本格付研究所(JCR)など信用格付期間による信用度が高いことです。

「ネット銀行のデメリット」でも紹介した住宅ローンの審査の厳しさを気にする心配がありません。

事実、オリコン顧客満足度®調査住宅ローンで9年連続第1位(2011~2019年発表)という実績があります。

また、外貨預金にも強く、米ドル、ユーロなど全12通貨を両替することなく現地で引き出し可能です。

住宅ローンを利用することも考えて、信用度が高い銀行を選びたい方におすすめのネット銀行です。

普通預金金利(年率・税引前) 0.001%
定期預金金利 1年 0.02%
3年
5年
コンビニATM出金手数料(税抜) セブンイレブン 月4回無料。以降100円
ローソン
ファミリーマート
ミニストップ
振込手数料
(ネット取引の場合は税抜)
同行宛:無料
他行宛:月11回まで無料。以降200円
セキュリティ対策 パスワード認証・番号認証・合言葉・デジタル証明書

5.メガバンクで口座開設するメリット・デメリット

4.メガバンクで口座開設するメリット・デメリット

5-1.メリット:メガバンクは歴史が長く信頼感が高い

メガバンクは、銀行としての歴史が長く信頼感が高いです。

また、日本全国各地の主要都市に支店が設置されているので、店舗に出向き直接話をして疑問を解決したい時などにも対応可能です。

そして、仮に転勤などで引っ越しをすることになっても、同じ口座を使い続けることができます。

5-2.デメリット:メガバンクは地方に弱く金利も低い

メガバンクは、主要都市には支店がありますが地方都市の場合、店舗がなくATM対応すらしていない地域があります

また、ネット銀行と比較すると、金利も低いです。

  • メガバンクの金利:0.001%~
  • 楽天銀行の金利:0.10%

6.ネット銀行で口座開設するメリット・デメリット

5.ネット銀行で口座開設するメリット・デメリット

6-1.メリット:ネット銀行はWeb上で取引を完結でき金利が高い

ネット銀行は、メガバンクに比べて金利が高いです。

例えば、メガバンクと楽天銀行を比較した場合です。

  • メガバンクの金利:0.001%~
  • 楽天銀行の金利:0.10%

金利の高さは約10倍!これは、ネット銀行ならではの特徴です。

ネット上で取引を完結できるので、わざわざ店舗に出向く必要もありません。

6-2.デメリット:ネット銀行は店舗を持たないケースが多い

ネット銀行は、店舗を持たないケースが多いです。

万が一何か問題が起きた時、直接話を聞きながら解決したい方にとっては不便になります。

また、取引はすべてWeb上でおこなわれるため、ログインに必要なIDやパスワードなどを忘れてしまうと取引が一切できなくなります。

メリット デメリット
メガバンク 歴史が長く信頼感が高い 地方に弱く金利も低い
ネット銀行 Web上で取引を完結でき金利が高い 店舗を持たないケースが多い

7.口座開設におすすめな銀行TOP3のまとめ

口座開設におすすめな銀行TOP3を紹介!メガバンクとネット銀行を比較

以上、口座開設におすすめな銀行を「メガバンク」と「ネット銀行」それぞれTOP3を紹介しました!

とはいえ目的によって選び方は異なると思いますので、ぜひ何度も読み返して、自分にぴったりの銀行を探してみてください!

イエベスト編集部的には、新しく口座開設するならネット銀行がおすすめという結論になりました!

※ネット銀行に関してより詳しいことを知りたい方は「ネット銀行おすすめランキングTOP10を紹介【2019年最新版】」で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください!

【1位】楽天銀行の公式サイトを見る

【2位】住信SBIネット銀行の公式サイトを見る

【3位】ソニー銀行の公式サイトを見る

バナー原稿imp
  • この記事を書いた人
松崎サブロー

松崎サブロー

イエベストの編集長です。宅地建物取引士。不動産会社では不動産投資、不動産売却、不動産賃貸、不動産管理など幅広く担当。 不動産に関わる難しい知識を初心者にもわかりやすい正しい情報として提供することを心がけています。

-一般コラム

Copyright© イエベスト , 2019 All Rights Reserved.