不動産投資で絶対に失敗したくない人はこちら

一般コラム

コンセントカバーの交換は自分で出来る?必要な資格や費用を解説!

投稿日:

コンセントカバーの交換は自分で出来る?必要な資格や費用を解説!

毎日お世話になるのに、普段は全くと言っていいほど意識しない 「コンセントカバー」。これが細かいリフォーム効果絶大なアイテムだと、ご存知でしょうか?

「コンセントカバーの交換は自分でできる?」「交換は何のため?」「コンセント交換は資格がいる?」「依頼費用は?」「スイッチカバーやLANの交換は?」

コンセントやスイッチ自体の管理は意外に欠かせないという事実も含めて、知っておくといいですよ。

今回は「コンセントカバー 交換」についてのお話をします。簡単かつ、効果絶大です。

1.コンセントカバーの交換は自分でできる?

1.コンセントカバーの交換は自分でできる?

コンセントカバーの交換は、規格と穴の数の両方が合ったものを準備すれば、5分程度で簡単にできます。カバーの部品も様々な対応がホームセンターやネット通販で安く簡単に手に入ります。

さらに、道具はドライバーのみ。部屋の雰囲気が変わります!

※プチDIY スイッチプレートの交換方法

1-1.スイッチカバー交換もできる

コンセントだけでなく、電灯や換気の壁面スイッチプレートも、コンセントと同じ規格なので、同様の手間で、自分で交換が可能です。

穴数や規格はコンセント同様、種類があるので、事前に元のスイッチの仕様を確認してから商品を選びます。

2. コンセントカバーを交換する目的

2. コンセントカバーを交換する目的

汚れたり古くなったコンセントカバーを交換することによって、部屋がお洒落にグレードアップし、古びた感じを新しく清潔感ある状態に変えられます。

JIMBO(神保電器)のシンプルなコンセントカバーが人気を集めています(コンセント自体の交換を要するタイプも多いのですが、そこまでやりたくなりますね。)

カバー交換の際に中の配線の汚れ具合、ホコリの付着なども簡単にチェックができます。場合によっては、古いコンセント本体そのものを更新し、接点の復活などを行っておくと安心なのですが、資格が必要となります。

コンセント周りのホコリ付着から水分が影響してショートしてしまうのを「トラッキング現象」といいます。

火災というと、火の不始末や暖房などからの引火だけが頭に浮かびますが、そのような漏電・ショートで起きる火災も年間の火災の4分の1、1000件以上にものぼります。

2-1.コンセントの交換には資格が必要

安全のために古いコンセントやスイッチ本体を交換する場合、 二種電気工事士の資格が必要となります。

知識のないままで通電した設備に手を加えると危険があるためです。配線もややこしい場合、感電の危険を伴うわけです。

また、コンセントやスイッチ本体もカバー同様にホームセンターやネット通販で簡単に手に入るのですが、部品の見た目が同じでも機能が違うものがあったり、選ぶうえでも専門知識を要します。

【コンセント交換】簡単に新品コンセントに交換!!古いコンセントは火事の危険があるので、早めの交換がいいかも?!

2-2.業者に依頼すると高くなる?

電気工事店に依頼した場合、コンセントやスイッチ一か所につき、2,500円から6,000円くらいかかります。 火災防止と考えれば高くはないと言えるでしょう。

2-3.電気工事士資格を取るには

以下は2種の資格取得の場合です。年に2回試験があり、合格率は2次試験で60~70%程度。準備期間は1カ月程度で良いのですが、下記の表のように実技試験があるため、事前に発表された候補課題から配線の実技の予習が必要になります。

二種電気工事士の試験内容
筆記試験解答方式はマークシートに記入する四肢択一方式。

(1)電気に関する基礎理論
(2)配電理論及び配線設計
(3)電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具
(4)電気工事の施工方法
(5)一般用電気工作物の検査方法
(6)配線図
(7)一般用電気工作物の保安に関する法令

技能試験筆記試験の合格者と筆記試験免除者に対して、次に掲げる事項の全部又は一部について行われる。持参した作業用工具により、配線図で与えられた問題を支給される材料で、一定時間内に完成させる方法。

(1)電線の接続
(2)配線工事
(3)電気機器及び配線器具の設置
(4)電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
(5)コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
(6)接地工事
(7)電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
(8)一般用電気工作物の検査
(9)一般用電気工作物の故障箇所の修理

興味のある人はこれを機に資格を取得すれば、他にもいろいろ本格的なDIYに踏み出すことができます。

扇風機の電気代は安い?エアコンとの比較・節約方法を解説!

3.コンセントカバーの交換方法

3.コンセントカバーの交換方法

カバーの話に戻りますが、カバー交換は、古いカバーの上下どちらかからドライバーを差し込み、剥がしたら新しいものを被せて押さえてパチンと留めるだけです。

もしくはドライバーでネジ2カ所を脱着して付け替えるのみとなります。力加減さえ間違えなければ、誰でも作業はうまく行きます。

3-1.コンセントカバーの規格に注意

現在建物のコンセント・スイッチの規格の大部分は、1971年以降の コスモシリーズか、それ以前の フルカラーと呼ばれるものです。その規格が一致していれば、あとは穴の数の違いだけとなります。

この2種よりもさらに古い時代の、スイッチや差込口が小さなエボナイトでカバーがアイボリーのタイプのものは、交換カバーも少なく、そもそも危険防止の観点からコンセント本体を交換するか、接点や清掃などのメンテナンスを有資格者が行った方が良いと思われます。

※左がコスモシリーズ、右がフルカラーです。

3-2.LANやTVアンテナ線のDIY

スイッチやコンセントと一緒に、テレビアンテナやインターネットのLANポートを備えているタイプのコンセントカバーもあります。

この増設は電気配線ではなく、LANケーブルや75オーム同軸ケーブルなど微弱な電流の電線の引き回しのみなので、電気工事士の資格は不要です。ただし壁の中や天井裏のどこに線を通すか、どうやって壁裏・天井裏にアクセスするかなどはノウハウがあり、素人には難しい場合があります。

4.賃貸物件のコンセントカバー交換

4.賃貸物件のコンセントカバー交換

カバー交換だけなら簡単に元に戻せるので自分で換えるのもいいのですが、大家さんとの事前の話し合いがない限り、 原状回復義務に沿って退去時に元のカバーに付け直すのが原則となります。

4-1.コンセント交換は大家の仕事

大家さんの立場に対して言いますと、 入居者の安全・入居者及び自己の資産の保全を考えると、コンセントやスイッチ本体の方の交換は必要な義務です。チェックして惜しまずに行うのが重要です。

賃貸物件で火事を出した場合周辺の補償は法的には免責なのですが、何もしなくて良いはずがありません。それだけで大変な損害となる上に、漏電が原因で入居者が亡くなったら、道義的には責任の取りようがありません。

電気設備と併せて、火災保険の内容も日頃からチェックをしておきましょう。

カバーの交換に関しては、募集する上でも、カバーの交換だけで部屋の雰囲気が清潔になったりおしゃれになったりして、空室が成約しやすくなる効果が見込めます。

コンセントカバーだけでなく。ちょっとしたペンキの塗り直しや共有部分の草むしりなど、 小さな努力が満室につながりますので、色々な事例を調べてみましょう。

イエベスト不動産投資【オンライン面談実施中】

5.「コンセントカバー 交換」のまとめ

コンセントカバーの交換は自分で出来る?必要な資格や費用を解説!

以上、「コンセントカバー 交換」というテーマでのお話をしました。スイッチやコンセントのちょっとしたメンテナンスが、意外に奥深い意味があることを、理解をいただけたでしょうか?

コンセントやスイッチ以外にもエアコンのメンテナンスなど、ケアすることによって暮らしに役立つ、暮らしの安全を守る事がらは、色々とあるかと思います。

在宅の時間が長ければ、家の中のことは色々と目につきます。これを機に放置していた宅内外の設備に目を向けることも、良いのではないでしょうか?

「コンセントカバー 交換」 本記事のポイント
  • コンセントカバー・スイッチカバーは簡単に交換でき、リフォーム効果大。
  • コンセント・スイッチ本体の交換も保安上大事な作業だが、電気工事士の資格が必要になる。
  • 賃貸物件の場合は原状回復義務に注意。
  • 本体交換・カバー交換ともに、大家にとっても大事な仕事。
  • この記事を書いた人
松崎サブロー

松崎サブロー

イエベストの編集長です。宅地建物取引士。不動産会社では不動産投資、不動産売却、不動産賃貸、不動産管理など幅広く担当。 不動産に関わる難しい知識を初心者にもわかりやすい正しい情報として提供することを心がけています。

-一般コラム

Copyright© イエベスト , 2021 All Rights Reserved.