【保存版】賃貸物件の探し方|ユニークなサイトや賃料交渉の方法まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

賃貸物件をお探し中ですか?
これから賃貸物件を探そうとしたとき、どうやって物件を探すのが一番良いか、インターネットサイトで探すのと不動産会社に行くのとどっちが良いか、迷ってしまいますよね。
結論からいうと、まずはインターネットサイトで物件を探した方が良いです。

ではどんなサイトで探したら良いのでしょう。やみくもにインターネットサイトを漁るのは時間がかかって非効率的ですよね。そこでこの記事では、あなたの目的やタイプに合った物件が見つかるよう、物件探しのサイトを体系的にまとめてみました。忙しい方でも自分の希望に合った物件が見つかりやすいようになっています。

また、実際物件に内見に行ったときにどんなところをチェックしたらいいか、賃料値下げ交渉の方法、賃貸借契約を結ぶ時に気を付けるポイントなど、実際にその物件に住み始めるまでの流れの中で絶対に知っておきたい知識についてもまとめました。

つまりこの記事は、あなたが新しい賃貸物件を探すところから実際に住み始めるところまで、完全にあなたをサポートする記事になっています。これさえ読めば、あなたも必ず理想の物件に住み始めることができるでしょう。ぜひ参考にしてくださいね。

0.自分の予算、希望物件の条件を確認する

実際に賃貸物件を探す前の準備として、自分の予算と希望物件の条件を確認します。

0-1.予算の確認

まず、自分が家賃として月々どれくらい出せるかを検討します。
一般的には、月々の家賃を自分の月収の30%で設定する人が多いようです。
以下に地域ごとの家賃相場が調べられるサイトをいくつかのせておきますので、予算を考える際に参考にして下さい。

①HOME’S
気になる街の相場から物件を探そう!家賃相場

②suumo
全国の家賃相場・賃料相場情報

③アパマンショップ
家賃相場

次に、賃貸物件を借りるにあたってかかる費用を確認します。かかる費用のうち主なものは以下の表のようになります。

初期費用 敷金(家賃の1~2ヶ月分)
礼金(家賃の1~2ヶ月分)
契約日からの日割り家賃
翌月の家賃(前払いのため)
仲介手数料(家賃の1ヶ月分)
火災保険などの保険料
(15,000~20,000円)
鍵交換代
保証料
など
月額費用 家賃
電気代
水道代
ガス代
など

0-2.希望物件の条件を確認

また、希望物件の条件もある程度決めておきます。
具体的には、希望エリア、間取り(ワンルーム、1LDKなど)、駅からの距離、周辺環境(病院が近い、スーパーが近いなど)、設備(エアコン、バスとトイレ別)などを決めます。
こういった希望条件を手がかりに物件を探していきます。

1.まずはインターネットサイトで物件を探す

賃貸物件を探す第一歩として、まずはインターネットサイトで物件を探しましょう。
直接話した方が早いと思っていきなり不動産会社に行くと、その場で大量の物件を調べながら検討していきますので、かえって時間がかかることも多いです。まずはインターネットサイトで自身の希望と合う物件を探します。
1つのサイトでしか扱われていない物件もありますので、必ず複数のサイトで検索するようにしましょう。また、人気の物件は入居者の激戦区になってしまいますますので、自分の中で80%くらい満足できたら、内見予約をしてしまうようにしましょう。

以下、希望物件ごとに参考になるサイトをまとめましたので、参考にして下さい。

1-1.一般的によく用いられるサイト

賃貸物件を探すのに一般的によく用いられるサイトは、以下の5つです。

①suumo
suumo
suumo:賃貸住宅[賃貸マンション・アパート]のお部屋探し情報

②HOME’S
homes
HOME’S:全国の賃貸を探す

③chintai
chintai
chintai:賃貸物件を探す

④at home
athome
at home:賃貸(賃貸マンション・賃貸アパート)を探す

1-2.都心の高級物件(月々の家賃11万円以上)を専門に扱っているサイト

都心の高級物件(月々の家賃11万円以上)を借りたい方は、以下3つのサイトをご覧下さい。
①Modern Standard
Modern Standard
デザイナーズ・タワーマンション賃貸のモダンスタンダード

②Property Bank
Property Bank
都心の高級賃貸ならプロパティバンク

③高級賃貸.com
koukyuuchintai
こだわりのマンションを探すなら高級賃貸.com

1-3.リノベーション物件を専門に扱っているサイト

リノベーション物件を借りたい方は、以下3つのサイトをご覧下さい。
①goodroom
goodroom
お部屋探しをもっと楽しく、もっと自由に goodroom

②リノステナビ
rinosutenavi
リノベーション・デザイナーズ賃貸専門サイト『リノステナビ』

③リノべ百貨店
rinobehyakka
賃貸を、旧さを、楽しむ リノべ百貨店

1-4.家賃が安い物件を専門に扱っているサイト

①家賃5万円以下ドットコム
5manenika
家賃5万円以下ドットコム

②部屋まる。
heyamaru
東京6万円以下の専門店

1-5.その他

その他、様々な特徴を持ったサイトをご紹介します。
①ietty(イエッティ)
ietty
オンライン接客型の不動産屋さん ietty
iettyの特徴は、スタッフとチャットで相談をしながら不動産探しができる点です。

②nomad
nomad
賃貸物件を格安で探すならネット不動産サービスのノマド
nomadの特徴は、無店舗型の不動産仲介サービスで、仲介手数料が格安という点です。

③ウチコミ!
uchikomi
大家さんと直接つながるから安心 ウチコミ!
ウチコミ!の特徴は、大家さんが直接入居者を募集している点です。

2.物件の内見に行く

ある程度物件に目星をつけたら、物件の内見にいきましょう。一般的には、賃貸物件を探すにあたって5~10件の物件を内見する場合が多いようです。

2-1.内見時の持ち物

内見時に持っていくと良いものは、以下のようなものです。

①5m以上のメジャー
室内の様々な箇所の採寸を測るのに使います。

②メモ用紙などの筆記用具
内見で気になったことがあれば欠かさずメモを取るようにしましょう。特に直感で感じた印象はメモしておきます。後になって気になることも多いです。

③カメラ(携帯についているものでも可)
内見できるところはすべて写真を撮っておくようにしましょう。きちんと見たつもりでも、後になってどんな様子だったか忘れてしまうことも多いです。

④ビー玉
建物の傾きを確認するのに使います。建物の傾きは建物か地盤に問題がある可能性が高いので、必ずチェックするようにしましょう。

2-2.内見時のチェックポイント

内見時に特にチェックしておくべきポイントは、以下の通りです。

2-2-1.室内について

①室内が清掃済みかどうか
内見をするにあたって、最初に室内が清掃済みかどうかを確認しておきましょう。
清掃済みであれば、自分が住むイメージがつきやすいでしょう。また、内見者が来るのに清掃が済んでいなかったり、清掃済みであるにも関わらずホコリがたまっていたり水回りが臭ったりということがあれば、それがその部屋の管理会社のレベルだということになります。その上で本当にその部屋に住みたいかどうかを検討するようにしましょう。

②室内環境は良好といえるかどうか
内見をしながら、室内環境が良好といえるかどうかを確認します。具体的には、日当たりが良いか、窓からの眺望はどうか(お墓が見えると気になる人など)、周囲の騒音が聞こえないか、悪臭がしないか、ネットや電波の環境はどうか、などを確認します。

③部屋の様々な部分の広さ・大きさ
内見をしながら、メジャーで部屋の様々な箇所の大きさを確認します。今使っている家具がそのまま使えるかを確認するためです。特に、冷蔵庫や洗濯機置き場の大きさはよく確認しておきます。また、収納スペースの広さや奥行なども同時に確認しておきましょう。

④設備
エアコン、コンロ、照明、インターホンなどの設備があるか、実際に使えるかどうか、よく確認しておきましょう。

⑤水回り
キッチンや洗面所などの水回りも、広くて使いやすいか、水がしっかり出るか、漏れがないか、カビが生えていないか、臭いがしないか、などよく確認します。特に、湯船にはいちど入ってみて、きちんと自分の体にマッチするかどうかを確認するようにしましょう。

⑥内装
壁や床、フローリングなどの内装に傷やシミがないかを確認しましょう。気になるものがあれば写真を撮ったり、不動産会社に指摘・相談したりしてみましょう。
もし明らかな傷・シミがあるのにも関わらず不動産会社が相談に応じてくれなければ、それがその部屋の管理のレベルだということになります。

⑦バルコニー
バルコニーについても、しっかり洗濯物が干せるだけの広さがあるか、窓の開閉はスムーズにいくか、外から自分の部屋の中が見えてしまわないか(特に女性の場合)、などしっかり確認しましょう。

⑧その部屋が事故物件ではないか
その部屋が、過去に事件・事故のあった物件ではないかも、気になる方は確認しておきましょう。こちらから聞かないと契約直前まで教えてくれない不動産会社もあります。

2-2-2.建物全体について

①共有スペース
ポストや玄関、ゴミ置き場、駐車場・駐輪場などの共有スペースの清潔感・利便性などを確認しましょう。具体的には、管理会社がきちんと清掃を行っているか、住民の使用マナーがちゃんとしているかといったことを目で見てチェックします。

②防犯・防災はきちんとしているか
オートロックが付いているか、監視カメラがあるか、火災報知機が付いているか(これは消防法上の義務です)など、防犯・防災設備についても確認します。

③賃貸とマンスリーなどの掛け合わせ物件ではないか
マンション・アパート内で、一部は賃貸契約で、他の部分はマンスリー契約やウィークリー契約で貸し出している場合があります。周りの部屋で様々な人が出たり入ったりする環境が嫌な人は、この点しっかり聞いておきましょう。

2-2-3.周辺環境について

①交通の利便性
最寄りの駅からどれくらい歩くか、バスの状況はどうかなどの交通の利便性を実際に確かめてみましょう。特に、駅から自分の足で徒歩何分かかるかは実際に歩いてみるとよいでしょう。

②できれば昼と夜の両方を調べる
昼間は人通りの多かった通りが夜になると静かになったり、街灯があっても暗くなってしまったり、昼は気にならなかった騒音が夜は気になったりと、周辺環境が昼と夜で変わってしまうことがあります。できれば周辺環境は、昼と夜の両方を確認するようにしましょう。

③利便性
近くにコンビニやスーパー、飲食店、郵便局、病院など、生活に欠かせない施設があるかどうかも確認しましょう。全てが揃っているというのは難しいかもしれませんが、自分に必要なものがあるかしっかり確認します。

3.賃貸契約の交渉をする

物件を内見して気に入った物件があれば、賃貸契約の交渉に入ります。

3-1.家賃の値下げ交渉

上で調べた家賃相場をもとに、家賃の値下げ交渉をしてみましょう。
この時、ただ単に「家賃を値下げしてください」と言うだけではいけません。きちんと貸主側にもメリットがあることを提示しましょう。例えば、家賃相場より少し低めの家賃を提示する代わりに、それを受け入れてもらえればすぐに入居しますと言ったり、長期入居する予定ですと言ったりして交渉します。

また、不動産会社の担当者と信頼関係を築くことも大切です。というのも、貸主と直接交渉をするのは不動産会社の担当者だからです。交渉を頑張ってもらうためにも、不動産会社の担当者と密に連絡を取り、きちんとした信頼関係築いておきましょう。

家賃値下げ交渉が厳しそうな場合

家賃の値下げ交渉が厳しそうな場合、代わりに家賃以外の金額の値下げを交渉するという方法もあります。例えば、家賃を値下げする代わりに敷金や礼金を○ヶ月分安く(もしくは無料)にしてくださいと交渉するのです。少しでも金銭的負担を減らしたければ、粘り強く交渉しましょう。

3-2.原状回復費用の交渉

賃貸契約交渉時、特に注意して確認したいのが、退去時の原状回復費用敷金の扱われ方についてです。
原状回復費用とは、退出する際に部屋の汚れ、破損などをもとに戻すのにかかる費用です。この費用は賃借人負担となり敷金から差し引かれますので、敷金から原状回復費用を引いた額が戻ってくることになります。
ただ、原状回復費用がすべて賃借人の負担とするかは、交渉の余地があります。人が生活していれば汚れるというのは常識ですので、その範囲の原状回復費用は賃貸人の負担としてもよいといえます。
「何を、どこまで、誰が負担するのか」という点を、契約交渉において明らかにしておく必要があります。

4.賃貸契約締結時の注意点

契約締結時には、必ず「重要事項」の説明がありますので、しっかりと確認しましょう。
「重要事項」とは、不動産会社が賃借人に伝える法的な義務がある事項のことです。具体的には、以下のようなことがあります。

・原状回復費用
「何を、どちらが、どれだけ負担するか」を最終確認します。

・更新料
賃貸契約を更新する場合にかかるお金。ない場合も多いです。

・更新手数料
賃貸契約を更新する場合、更新料とは別に不動産会社に手数料を支払う場合もあります。

・保証料

・退去する場合、何ヶ月前に予告が必要か

・禁止事項
居住するうえでの禁止事項がここで確認されます。例えば、ペットや楽器演奏などです。

・設備について
エアコンやガスコンロなどの設備について、使用上の注意や大家の修繕義務の有無が確認されます。

・緊急時の連絡先について

5.物件探しを行う時期について

賃貸物件探しはどのような時期に行うのが良いのでしょうか。
例えば、物件情報が最も多いのは1~3月です。一方、経済的に最もおトクなのは11月です。
このように、賃貸物件市場はだいたい毎年シーズンごとに動いています。
最後にこの章では、シーズンごとの賃貸物件市場の動きとポイントについてご紹介していきます。

①1~3月
新生活に向けて需要が高く、物件情報が最も多い時期です。需要の高さから設定家賃も高くなる傾向にあり、値下げ交渉はほとんどできない状態です。

②4月~7月
この時期に退去になった物件は1~3月で入居した人々とタイミングが合わないため、掘り出し物件が見つかる可能性のある時期です。また、大家側は4月で入居者が決まらずそのまま1年中入居者が決まらない可能性を恐れるので、4月中であれば値下げ交渉もしやすいでしょう。

③8月
賃貸物件市場がいったん落ち着く時期です。物件情報もあまり多くはありません。家賃の値下げ交渉は最もしやすい時期です。うまくいけば月々の家賃が1~3月に比べ5千~1万円ほど安くできることもあります。

④9~11月
1~3月の次に動きの大きな時期です。9月下旬から11月にかけて家賃設定も下がっていきます。11月が一年で最も家賃設定が安くなる時期と言われているので、安さを求めるなら一番いい時期といえるかもしれません。

⑤12月
新生活に向けた物件探しが始まる前に物件を抑えるなら、この時期に探すのが良いです。年度をまたぐので、日割り家賃などの交渉がしやすい時期です。

6.まとめ

賃貸物件の探し方について書きましたが、いかがでしたか。
この記事が、賃貸物件を探しているすべての方の参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket