かんたん15秒であなたに合った不動産会社を診断

一般コラム

ゼロキューブの家は後悔する?実際に建てた人の声も紹介

投稿日:

1. ゼロキューブはどんな会社?【後悔する人が多い?】

ローコスト住宅メーカーの中でも個性を放つ「ゼロキューブ」。実際の住みやすさ、顧客の満足度などはどうなのでしょうか?。

「ゼロキューブの評判を知りたい」
「メリット・デメリットは?」
「住宅性能は?」
「実際に買ったひとの体験談を知りたい」

ゼロキューブの合理的なシステムは、合う人にはとても好評です。半面個性的なだけに、建てて後悔した人もおられるでしょう。

今回は「ゼロキューブ 後悔」についてのお話をします。大きな買い物の決断では、最初の考え方が重要です!ぜひ参考にしてください。

1. ゼロキューブはどんな会社?【後悔する人が多い?】

1. ゼロキューブはどんな会社?【後悔する人が多い?】

1-1.会社概要

会社名BETSUDAI Inc. TOKYO
代表林 哲平
所在地東京都港区南青山4-13-9 2F
従業員数22名(2020年6月現在)
事業内容1.LIFE LABEL、Doliveの本部運営
2.プロモーション、広報、営業活動
3.加盟店支援
4.住宅商品の企画・設計
5.オウンドメディア運営
6.家具ブランドの運営

ゼロキューブシリーズは、大分県大分市に本社を置く 株式会社ベツダイが運営を行っている規格住宅ブランド「LIFE LABEL(ライフレーベル)」で取り扱われている商品です。

ライフレーベルはフランチャイズビジネスを展開しており、今現在(2021年1月時点)全国に143店舗の加盟店。新築フランチャイズチェーンとしてはアイフルホームに次ぐ全国2位の規模となっています。

ゼロキューブはライフレーベルと加盟店契約を結ばれている全国の建築会社で建てる事ができ、施工エリアはほぼ全国で対応可能です。

1-2.沿革

1963年別大土地株式会社創立。
1974年大分県で初めてツーバイフォー工法による建築確認を受ける。
1983年別大土地株式会社から株式会社ベツダイに社名変更。
2006年バブル崩壊の影響により債務超過。私的整理のガイドラインに基づく再生手続きを開始。
2008年筆頭株主であった原弘産が保有株式全部を株式会社スタイル・フィット・マンションへ譲渡。自主再建の道へ。
2010年規格住宅「ZERO-CUBE+FUN(ゼロキューブプラスファン)」を開発。グッドデザインアワード2010を受賞。
2012年定額制リノベーションパッケージ「RE住む(リスム)リノベーション」を開発。グッドデザインアワード2012を受賞。
2016年木造2階建て住宅「BENTO HOUSE(ベントウハウス)」及び小規模建物「SURF STASH(サーフスタッシュ)」がグッドデザインアワード2016を受賞

2. ゼロキューブの特徴【なぜ後悔するのか?】

2. ゼロキューブの特徴【なぜ後悔するのか?】

2-1.明朗会計+FUNのオプション

1,000万円〜の家をベースに、ライフスタイルにあった豊富な「+FUNのオプション」を組み合わせてプランニングしていきます。価格体系が非常にはっきりした、明朗なシステムです。

2-2. シンプルな四角い外観

生活に馴染む、 シンプルでムダを削ぎ落とした四角い家が外観の最大の特徴です。最近では他メーカーも含めてこのシンプルなシェイプを希望する家族の方が増えています。

外観だけでなく、凹凸のないレイアウトで、室内も広々した空間が実現可能になります。

2-3.ガルバリウム鋼板の外壁・屋根、構造など

外壁・屋根に使われる特徴的な ガルバリウム鋼板は、外観の特徴。耐久・耐熱性など機能面にも優れた素材です。色も豊富に準備されています。

構 造:
ツーバイフォー工法・ベタ基礎で施工されます。防湿・気密には有利な構造です。

耐震性:
ゼロキューブの採用するツーバイフォー工法は耐震性に優れていることには定評がありますが、耐震等級は取得していません。ローコスト住宅にはよくある、構造計算のコストを商品に乗せないという考え方があるかも知れません。

断熱性能:
施工する工務店の裁量で決まっている部分とのことで、施主の希望をしっかり伝えてコスパの調整をはかる必要がありそうです。寒冷地では通常のコスト+200万円ということもあるようで、かなりな開きがあります。

2-4.間取りの思想

家の中心となるリビングは、1階が見渡せる対面キッチンで家族との会話・吹き抜けのリビングイン階段で、居間を導線の中心に考えた、家族のコミュニケーションを促す設計が主体です。

近年の流行に則った思想ですが、メリット・デメリットのはっきりした作りなので、好みがわかれるところです。(冷気・暖気・音やにおいの問題)

間取りのメリット・デメリットはこちらもぜひご参照ください。
間取りシミュレーションのメリットは?やり方や無料アプリを紹介!

それから、間取りに関して「+FUN オプション」でモジュール単位で家の機能を拡張するプラン設定がとられています。

+FUN オプション
+BOX1階に1部屋プラス
+BOX22部屋プラス
+SKY BALCONY屋上バルコニーをプラス
+BOX SKY BALCONY屋上バルコニーと1部屋プラス
+BOX2 SKY BALCONY屋上+2部屋の贅沢プラン
+PENTHOUSE屋上を眺めるペントハウス
+GARAGEガレージスペースがほしい
+INNER GARAGEビルトインガレージ、3階建て

2-5.ラインナップ

FREAK’S HOUSE(フリークスハウス)

本体価格サイズ+FUN
1,980万円~床面積
1F:74.11㎡(22.42坪)
2F:35.46㎡(10.72坪)
延床面積
109.57㎡(33.14坪)

米雑貨FREAKʻS STOREとのコラボ

 

ZERO-CUBE+FUN(ゼロキューブプラスファン)

本体価格サイズ+FUN
1,000万円~床面積
1F:52.99㎡(16.03坪)
2F:45.54㎡(13.77坪)
延床面積
98.53㎡(29.80坪)
+BOX
+BOX²
+SKY BALCONY
+BOX SKYBALCONY
+BOX² SKYBALCONY
+PENTHOUSE
+GARAGE
+INNER GARAGEゼロキューブシリーズのスタンダードモデル。オプションの自由度が高い。

 

ZERO-CUBE MINI(ゼロキューブ ミニ)

本体価格サイズ+FUN
1,000万円~間口2間タイプ
床面積
1F:39.74㎡(12.02坪)
2F:32.29㎡(9.76坪)
延床面積
72.03㎡(21.78坪)間口2.5間タイプ
床面積
1F:41.40㎡(12.52坪)
2F:30.63㎡(9.26坪)
延床面積
72.03㎡(21.78坪)
+SKY BALCONY
+INNER GARAGE狭小地用ラインナップ。

 

ZERO-CUBE KAI(ゼロキューブ回)

本体価格サイズ+FUN
1,200万円~ACT1(平屋)
床面積
1F:81.15㎡(24.54坪)
延床面積
81.15㎡(24.54坪)ACT2
床面積
1F:59.62㎡(18.03坪)
2F:51.24㎡(15.50坪)
延床面積
110.86㎡(33.53坪)ACT2 CUSTOM
床面積
1F:57.13㎡(17.28坪)
2F:52.17㎡(15.78坪)
延床面積
109.30㎡(33.06坪)

中庭のあるコートハウス。

 

NORDIC HOUSE(ノルディックハウス)

 

本体価格サイズ+FUN
1,300万円~床面積
1F:57.97㎡(17.53坪)
2F:50.51㎡(15.28坪)
延床面積
108.48㎡(32.81坪)

アウトドアスタイル・北欧スタイルの家。スキップフロアが可能。

 

2-6.保証・アフターサービス

「品確法」で義務付けられた10年までしか保証を行っていません。保証延長制度を導入しているところが多いため、ちょっと目につく点です。

フランチャイズ加盟の工務店が契約・施工を行いますので、小さい工務店の場合は経営リスクもあります。アフターサービスも事前の対策検討をしておいた方が良いでしょう。

3. ゼロキューブの評判・口コミ【実際の後悔談】

3. ゼロキューブの評判・口コミ【実際の後悔談】

3-1.良い評判・口コミ

やっぱり安い!

施主

“夫がゼロキューブのデザインを気に入ったので、とんとん拍子に契約が決まりました。少しの間取り変更と2階にトイレを付けました(オプションです)。土地は元々あったので、付帯工事込みで1500万円以下で建てる事が出来ました。

大手で建てる半分のお値段ですし、これなら住宅ローンも重荷にならないです。もし20年後、30年後に家が壊れるようならもう一度建てなおしをするのもアリだと思っています。”

出典:ハウスメーカー比較マイスター

これで十分。デザインも好き

施主

“過剰な設備が付いている訳ではなく、それでも普通に暮らして行くのに十分な、必要最低限のものは備わっています。感覚としては建売以上、注文住宅以下です。

でも私達夫婦は世帯年収も高くはありませんし、身の丈に合った家を選びました。レオハウスと比較しましたが、やはり四角い家のデザインが魅力的だったのでゼロキューブ加盟の工務店さんにお願いしました。住み心地は普通ですが、満足しています。“

出典:ハウスメーカー比較マイスター

デザインの評判がいい!

施主

“最近は増えてきましたが、まだまだ少数派は「四角い家」。その希少性とシンプルに映るデザインは遊びに来た友人も口々にお洒落だね~と言ってくれます。

そして四角い家ならではの無駄のない間取りからくる室内スペースは「思ったより広い!」と良く言われます。

限られたスペースをどう有効活用するか?無駄なスペースはないか?と試行錯誤されて作られたゼロキューブですので、皆さんが思うより広いです。”

出典:家トク

3-2.悪い評判・口コミ

色々つけたら同じ

施主

“ゼロキューブの1000万円の家と言うのに釣られて、あれこれオプションを追加していたら結局他社で家を建てるのと変わらない価格になってしまった。

これならタマホームあたりで耐震性とか設備が豪華な家を建てた方が良かったのかもしれない。ゼロキューブはプラスファンの値段が高いと思う。1部屋プラスするだけで200万円上乗せされるし。“

出典:ハウスメーカー比較マイスター

温度管理が難しい

施主

“少し雪の多いエリアなので、寒冷地仕様でベーシックモデルがプラス200万円でした。寒冷地仕様なので断熱性能に期待していましたが、やはり吹き抜けは暖房の効きが悪いので、失敗だったかなと思いました。

ですが一番厳しいのが夏場の2階の暑さです。今年は私達のエリアでも連日35℃を超えたのですが、2階はサウナ状態でとても眠る事が出来ず、夏は1階で寝る生活になりました。やはり2階は熱が停滞してしまう構造かもしれないです。”

出典:ハウスメーカー比較マイスター

工務店で施工にバラつき

施主

“結論から伝えると、工務店による差は少なからずあります。それは家づくりに対する考え方から始まり、提供される仕様(例えば、ここの会社はオプションだがあそこの会社は標準仕様など)まで様々です。

理由は明確。ゼロキューブはベツダイが企画・運営し、各工務店は住宅フランチャイズとして登録されてます。従って、家づくりはそれぞれの工務店が事実上行う事になります。

良い工務店・良い営業と出会うかどうかが家づくりのポイントになるのは明確です。まずは現地見学会や完成見学会などに足を運んでその工務店の考え方や技術力を確認する事をオススメします。“

出典:家トク

3-3.実際に買った人の体験談

継続的な感想も確認できますので、施主さんのブログもぜひにしてみてください。こちらにいくつか例を挙げさせて頂きます。

ローコストでも、ガレージ付きの家が欲しい!
20代夫婦、ZERO-CUBE+GARAGEで建築中!都内で家賃がバカらしいというのがきっかけ。
https://ameblo.jp/daizu-nekos/entry-12679569939.html

シャア専用ZERO-CUBE戦記
還暦間近な夫婦が建てた企画住宅ゼロキューブのブログ。
https://ameblo.jp/zerocuber/entry-12604815683.html

【ZERO-CUBE+BOX2】に住んでいる人のブログ
生活してみての感想が主です。
https://ameblo.jp/hal-poyo/

4.ゼロキューブをオススメする人【後悔しないため】

4.ゼロキューブをオススメする人【後悔しないため】

  • ローコスト住宅のコスパと、分かりやすい明朗会計に惹かれる人。
  • 安いだけでなく。個性や自分の主張を家に反映したい人。
  • キューブ型のデザインが気に入って、住みたいと思う人。
  • ガルバリュウム鋼板やリビング設計に対し、メリットの方を強く感じる人。

ゼロキューブは特徴がはっきりしている分、デメリットもはっきりしています。最初からそれを理解したうえで「やっぱりゼロキューブがいい」と選んでいる人は満足度が高いと言えます。

また、四角い家については、雨水の排水・壁面の保護について問題になることが多い点と、安いなりに簡素な部分もあることも、しっかり踏まえた上で選べば、不満は出にくいと思われます。

5.「ゼロキューブ 後悔」についてのまとめ

5.「ゼロキューブ 後悔」についてのまとめ

以上、「ゼロキューブ 後悔」というテーマでのお話をしました。最新の消費者保護の実態、実際にどんな事例があるかなどは、理解を頂けたでしょうか。

世の中はコロナ禍と、それに対応する政策の影響で、不景気の嵐であることは言うまでもありません。

そんな中、「これから家族も増えるし、収入を断たれても、路頭に迷わないようにせめて家族の住む土地と家だけは確保しておきたい。」という動機で、家を作ろうと考える人が出てきてもおかしくないですね。(私だったらそう考えます)

時代の流れは、「ローコスト住宅は安かろう悪かろう」なんて、言ってはいられない状況にまで来ているのです。

確かに、ゼロキューブでもちょっとプランを欲張ると、だいたい1500万円位の出費にはなり、エリアによってはパワービルダーの建売の総額と並んでしまうことはあります。土地のための予算も必要です。

しかしそこは注文住宅で、個性的な選択が可能!となるとどうでしょう?建売の危なげのない選択も気にはなるのですが・・・。ローコスト住宅の範ちゅうで満足できる、自分に合った家を作る作業も楽しいでしょうね。

25歳で1500万円借りて家を建てると、毎月だいたい64,000円くらい払って、45歳でローンからも家賃からも解放されます。あとは固定資産税と修繕費だけ。この安心感は大きいです。

一度も家を買う事を考えたことのない人は、そんなことをイメージしてみてください。

あとは、一応「高級注文住宅は何がメリットなの?」というのも知ってみた上で、何度も言いますがあらかじめ不満となりそうな点と向き合うことをすれば、ローコスト住宅でも、満足のいく家づくりは可能ではないでしょうか。

「ゼロキューブ 後悔」 のポイント
  • ゼロキューブは企画宣伝を行う本部と、施工を請け負うフランチャイズの工務店グループからなり、全国で施工が可能。
  • おもなメリットは、安さと分かりやすい明朗会計、キューブ型のデザインなどの点が支持を集めている。
  • オプションを組み合わせることで希望に沿った家のプランにするが、欲張ると割高になることも。
  • 企画の個性やコストに応じて、事前に対策する必要がある部分・目をつぶる部分はしっかり考えておくとよい。
  • この記事を書いた人
松崎サブロー

松崎サブロー

イエベストの編集長です。宅地建物取引士。不動産会社では不動産投資、不動産売却、不動産賃貸、不動産管理など幅広く担当。 不動産に関わる難しい知識を初心者にもわかりやすい正しい情報として提供することを心がけています。

-一般コラム

Copyright© イエベスト , 2021 All Rights Reserved.