不動産投資で絶対に失敗したくない人はこちら

不動産投資の勉強方法

不動産投資を学ぶ本を紹介!失敗しない選び方を目的別に解説

投稿日:

不動産投資 勉強 本

人生100年時代と言われ、不安の残る年金収入を補完するために、不動産投資に興味を持つ人が増えています。

しかし、「不動産投資は何から始めればよいかわからない。」と言う方も多いのではないでしょうか。

不動産投資は、本で勉強するのがおすすめです。この記事では、なぜ不動産投資は、本で勉強するのが最適なのか?

具体的に解説し、おすすめの本も併せて紹介します。

目次

1.なぜ本で不動産投資を勉強するのが最適なのか

1.なぜ本で不動産投資を勉強するのが最適なのか

まずは、なぜ不動産投資は本で勉強するのが最適なのか。具体的に理由を解説します。

本が不動産投資に最適とされている理由は、人が学んだ経験から得た知識を短期間に習得できるという点です。

不動産投資に限らず、本は他人の経験から得たものを習得するツールとして最適です。

ほとんどの場合、不動産投資家が悩むことは他の不動産投資家が経験しています。
不動産投資に関する悩みは、以下のようなものが代表的です。

  • どのような物件を買えばよいか
  • 物件のメンテナンスはどのように行えばよいか
  • 管理会社はどう選定すればよいか
  • 借主とトラブルになった場合どのように対処すればよいか

このような悩みは、他の不動産投資家が既に経験し、解決しているのです。

本では他の不動産投資家がどのように解決したのか、あるいはどのような行動を起こして失敗していたのかが書かれています。

自分で経験できることはごくわずかですが、本を読むことで他の不動産投資家が経験したことも、疑似体験することができるのです。

人が悩んだ経験談を手に入れることができると言う点は、本の最大の魅力と言えるでしょう。

2.不動産投資を学ぶ本の選び方

2.不動産投資を学ぶ本の選び方

不動産投資を学ぶ際にどのように本を選べばよいのでしょうか。

本を選ぶ時のコツをみて行きましょう。

2-1.対象者

本を選ぶ際はまずは、その本がどのような人を対象にしているかを見極める必要があります。

不動産投資において初心者、中級者、プロでは必要となる知識が全く異なります。そのため、自分のレベルにあわせて知識を習得できる本を選ぶことが重要です。

一般的に、初心者は不動産投資の全体像や流れを学ぶ必要があります。そのため、初心者には不動産投資全体を網羅的かつ平易に解説している本がおすすめです。

中級者以降は不動産投資の全体像は既に頭に入っているはずなので、今学びたい内容をピンポイントで詳しく解説している本を購入する必要があります。

2-2.物件種類

投資する物件によっても、読むべき本は異なります。

投資対象が商業ビルなのか、住宅なのかによって、投資に必要な知識は大きく変わってくるものです。

また、住宅であっても、戸建て、マンションの一室、一棟アパートでは必要となる知識が異なります。

そのため、自分が保有している物件や、購入しようとしている物件にあわせて、本を選ぶ必要があります。

2-3.著者と出版社の信頼性

本を選ぶ際は著者や、出版社の信頼性も確認しておく必要があります。まず確認しておきたいのは、著者の不動産に対する経験値です。

本は他人の経験値を疑似体験できるツールです。しかし、執筆者自体に豊富な経験が無ければ、良質の経験を疑似体験することができません。

本は自費出版が可能なので、お金さえ出せばどんな人でも本を出すことが可能です。不動産投資の運営をしている会社の社長が、権威付けや宣伝の為だけに本を出しているケースもあります。

著者や出版社が信頼のおける人物や、会社なのかを見極めることは非常に重要です。

不動産投資にはデメリットもありますので、しっかりとデメリットも伝えている本が、信頼のおける本であると言えるでしょう。

2-4.出版年数

めまぐるしく変化する不動産投資の本を買う際には、出版年数も確認しておく必要があります。とはいえ、古い本が必ずしも悪いとは言い切れません。

なぜなら、不動産投資に対する流れや基本的な心構えは、時代の流れによって大きく変化することが無いからです。

ベストセラーとして長く読み続けられている本は、普遍的な要素について書かれている場合がほとんどです。このような本は、古い本であっても読む価値があるでしょう。

一方で、法律や税金について解説している本は、常に新しい本を購入しておく必要があります。法律や税金は変更となる可能性がありますので、古い知識を身に付けても意味がありません。

必ず最新のものを手に入れるようにしましょう

3.【初心者向け】不動産投資を学ぶ本

初心者はどのような本で、不動産投資について学べばよいのでしょうか。

初心者は基本的な考え方や、不動産投資に対する心構えを習得しておく必要があります。

初心者におすすめの基本の3冊をご紹介します。

3-1.世界一やさしい不動産投資の教科書

20年以上不動産業界に身を置き、不動産鑑定士の資格を持つ著者が、不動産について分かりやすく解説してくれている一冊です。

この本は、不動産投資全体の流れが網羅的に書かれていますので、不動産のことが全く分からない方でも全体像を理解し、不動産投資について、理解することができます。

図やイラストなども多く、読みやすい点も初心者にはおすすめです。難しい本を読むのは苦手な方でも、さくさくと読み進められる気軽さがあります。

また、気軽さがありながらも必要な点はしっかりと解説している良書です。不動産投資におけるデメリットも述べられており、初心者が失敗しないために優しく導いてくれるような本となっています。

3-2.不動産投資 1年目の教科書

 

資産家として、自らも不動産投資を行う著者が執筆した、不動産投資の入門書です。

不動産投資に関する疑問が、Q&A方式で網羅的に解説されていますので、初心者が抱く、多くの疑問を解決することができるでしょう。

読者特典として、不動産投資の収支計算を行うためのExcelファイルがダウンロードできます。収支計算のシミュレーションは、金融機関で借入を行う際には必ず必要となりますので、初心者には嬉しい特典となっています。

3-3.初心者から経験者まですべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書

不動産鑑定士の資格を持ち、不動産投資に関するポータルサイトである楽待でコラムも執筆している筆者が、不動産投資について解説している本です。

この本は不動産投資の全体像が、網羅的に書かれているため、初心者におすすめの本です。

また、ローンの危険性や、過去に投資した物件の収支等も詳細に書かれていますので、初心者だけでなく、中級者でも十分と参考となる内容になっています。

初心者の方は、まずは一度全体像を確認し、投資を初めてから再度読み直すと更に不動産投資について、理解を深めることができるでしょう。

4.アパート経営を学ぶ本【不動産投資】

不動産投資といえば、アパート経営を思い浮かべる方も多いのでは無いでしょうか。

アパート経営について学ぶことができる本もたくさんありますが、あまり参考にならない本も多く存在します。アパート経営についても学ぶことができる本を、厳選してご紹介します。

4-1.世界一やさしい アパート一棟不動産投資の実践帖 1年生

不動産業界で20年以上活躍し、自らの資産でも長年不動産投資を行っている著者が執筆した、不動産投資に関する解説本です。

タイトルの通り、図表やイラストでわかりやすく解説していますのアパート投資の全体像を学ぶことができます。特に、新築の投資については数字を交えて詳細に説明しています。

アパートを新築することを、検討されている方にとっては、必ず役に立つ一冊となるでしょう。

4-2.まずはアパート一棟、買いなさい! 資金300万円から家賃年収1000万円を生み出す極意

本書は、実際に不動産投資を行っている著者が執筆したベストセラーの最新版。

本書は築古アパートを、リノベーションして物件の魅力を高めることで収益を大きくする方法が解説されています。

具体的かつ数字を交えて不動産投資家である著者の体験談や知識が詳細に書かれていますので、今すぐマネできるノウハウがたくさん載っています。

ただし、築古物件を購入する戦略は、ややニッチな戦略なので、別の本で不動産投資の全体像を把握してから購入すると良いでしょう。

4-3.高家賃でも空室ゼロ! これからの不動産投資は地方の新築デザイナーズアパートが狙い目です

本書は新築デザイナーマンションのプロデューサーで、自らも自己資金で不動産投資を行っている著者が執筆した本です。

著者は、15歳の時から祖父のアパート経営の手伝いを行っていたそうで、アパート経営の経験は豊富です。

地方の新築デザイナーズアパートというニッチ戦略について、詳細に書かれている本です。

しかし、金融機関との付き合い方や物件の管理・メンテナンス方法など、不動産投資に必要な基礎知識についても、わかりやすく解説されている良書です。

5.マンション投資を学ぶ本【新築・中古・都心・地方】

マンション投資も不動産投資を始めるうえで、有力な選択肢の一つとなります。

次にマンション投資について、学ぶことができる本を確認していきましょう。

5-1. 40代から始めて100歳までHappyに生きる不動産投資術

著者は51歳でIBMを退職し、専業大家として活躍する不動産投資家です。

著者は親から引き継いだ財産ではなく、自分で不動産を購入して投資を初めており、これから不動産投資を初めて見ようと言う方にも参考になる情報が多くあります。

本書では、新築マンションや中古マンション投資で、家賃での年収2億円を稼ぐ不動産投資のプロのノウハウが、わかりやすく解説されています。

失敗談も豊富に掲載されているので、本書を読むことで、多くの失敗を防ぐことができるでしょう。

また、本書は不動産投資をすることで、どのような人生を歩むことができるかについて、書かれている点も特徴の一つです。

単なる不動産のハウツー本ではなく、これからの人生についても考えることができる一冊です。

5-2.公認会計士・税理士が教える「東京」×「中古」×「1R」不動産投資の始め方

本書は公認会計士・税理士の資格を持ち、富裕層向けのコンサルティングや大規模不動産の開発に、携わった著者が書いた不動産投資の本です。

本書の特徴は、FXや株式と比べて、不動産投資がどのような点で優れているかについても書かれている点です。

富裕層の資産について相談を受け、様々な資産に精通しているからこそ、他の投資資産と不動産を、比較して論じている点は大変参考になでしょう。

また、不動産投資のリスクについてもしっかりと解説されています。不動産投資で失敗をしないためにも読んでおきたい一冊です。

5-3.改訂版! 1年目から成功する不動産投資村田式ロケット戦略のすべて

著者は、「不動産投資で経済的自由を手にする会」の代表を務める不動産投資のプロです。

本書は不動産投資についてのベストセラ―の改訂版。コロナショック後の不動産についても解説されています。

著者は不動産経営において、空室が多くなり破綻の危機に立たされるほど苦労した人物です。
そのため、不動産経営が上手く行かなかった際の対処方法も、体験談を交えて豊富に解説されています。

事例が非常に細かく書かれているので、不動産投資を疑似体験することができる一冊となっています。

6.戸建てを学ぶ本【不動産投資】

不動産投資ではアパートやマンションに、投資をする人が多いでしょう。

しかし、戸建てにもアパートやマンションには無い魅力があります。戸建ての不動産投資について、学ぶことができる本をみて行きましょう。

6-1. 100万円からできる「地方・ボロボロ一戸建て」超高利回り不動産投資法

本書は、現役の不動産営業マンが書いた、不動産投資の本です。

本書の特徴は、地方のボロボロの戸建てという他の本では購入を控えるように、書かれていることが多いマーケットについてあえて書かれている点です。

本書では少しの工夫で、他の物件には無い魅力を引き出す手法が具体的に書かれています。格安物件で、高利回りを実現したい方にオススメの一冊です。

6-2.マイホームは、中古の戸建てを買いなさい!

本書は、不動産仲介会社を起業した不動産のプロが書いた、中古戸建てに関する本です。
主にマイホーム購入用に書かれた本ですが、魅力的な戸建ては当然不動産投資にも適しています。

戸建ての物件選定は、マンションとはその基準が大きく異なります。
本書を読めば、どのような中古戸建てを購入するべきか、理解することができるでしょう。

不動産投資についてのノウハウは、書かれていませんので、他の本とあわせて読みたい一冊です。

7.不動産投資に関する税金を学ぶ本

不動産投資をするうえで、税金は避けては通れない知識の一つです。

しかし、複雑な税金を学ぶことは容易ではありません。不動産に関する税金について、わかりやすく解説している本をご紹介します。

7-1.不動産の税金の基本を学ぶ

不動産の税金について、網羅的に解説されている一冊です。

不動産に関する税金は購入した時、売却した時、相続した時、家賃収入を得た時、等様々です。

各場面に応じてどのような税金が、発生するのか詳細が解説されていますので、不動産投資をするうえで、手元に置いておくと便利な一冊です。

内容も平易で、わかりやすく書かれているので、税金の知識が無い方でも読み進めることができます。

7-2. '20~'21年版 マンガ・図解つき いちばんわかりやすい不動産の税金

不動産の税金について、マンガや図解で分かりやすく書かれている一冊です。

著者は多数の不動産関連の本を執筆しており、重要な点に絞ってわかりやすく解説されています。

マンガ形式となっていて、とにかく読みやすいので、税金の知識が全くない方におすすめの一冊です。

ただし、イラストや図解を多用しているため、辞書的に利用するには少し内容が少なくなっています。
本書で基本を学んだあとに、別の本を手元に置いておくのもよいでしょう。

8.不動産投資で成功するための「数字」の見方を学ぶ本

不動産投資を行ううえで、「数字」を見る力は非常に重要です。

不動産投資を成功するための、数字を見る力を鍛えることができる良書をご紹介します。

8-1.不動産投資専門税理士が教える 不動産投資の「収益計算」 本格入門

不動産投資専門の税理士が、不動産投資における収益計算について解説した一冊です。

不動産投資のシミュレーションツールは多数ありますが、どのように計算をするか、体系的に理解することは重要です。

本書では、不動産の収益計算がどのように行われているか、具体的に学ぶことができます

本書を購入すると、Excel形式でのシミュレーションツールも使うことができるので、実際に検討している不動産の収益計算も、簡単にできるようになります。

8-2.Excelでできる 不動産投資「収益計算」のすべて

本書は、不動産を全て数値化することに挑戦している一冊です。

購入、賃貸、売却、等、不動産の様々な場面で発生する数字を丁寧に、理論的に解説しています。購入者特典のExcelは、Excelのスキルが高くない人でも十分に扱うことが可能です。

定性的に語られがちな不動産投資を、全て数値化することで、正しい投資判断力を身に付けることができます。

9.不動産投資はセミナーで学ぶのも効率的【本】

9.不動産投資はセミナーで学ぶのも効率的【本】

不動産投資には、本で学ぶことが一番の近道です。

他人の成功体験や、失敗談を学ぶことは、大いに参考になるでしょう。

しかし、本を読んでもどうしてもわからない点は、セミナー等に行って専門家に直接聞いてみると良いでしょう。

多くの人が手にした良書で、基本を理解してからセミナーに参加することでより理解を深めることが可能です。

※不動産投資のセミナーについては、「【初心者向け】不動産投資セミナー|本当におすすめを厳選」もご確認ください。

10.「不動産投資 本」のまとめ

不動産投資について、学べることができる本は多数あります。

不動産投資を成功するためには、豊富な知識と経験が必要です。本は自分が経験したことが無い知識についても学ぶことが可能です。そのため、本は不動産投資を学ぶうえで最適なツールと言えるでしょう

本を選ぶ際は、まずはテーマを確認しましょう。一口に不動産の本と言っても、その内容は様々です。
不動産投資について、網羅的に書かれている本と、税金について詳細に書かれている本では、その内容は全く異なります。

自分が今勉強したいテーマについて、書かれている本なのかを見極めて、購入する必要があります。
また、著者も確認して購入必要があります。会社の宣伝の為に書かれている本もありますので、注意が必要です。

自分にあう良書を見つけることは、不動産投資成功の近道となるでしょう

  • この記事を書いた人
松崎サブロー

松崎サブロー

イエベストの編集長です。宅地建物取引士。不動産会社では不動産投資、不動産売却、不動産賃貸、不動産管理など幅広く担当。 不動産に関わる難しい知識を初心者にもわかりやすい正しい情報として提供することを心がけています。

-不動産投資の勉強方法

Copyright© イエベスト , 2021 All Rights Reserved.