不動産投資に役立つ資格10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんにちは!
「不動産投資のススメ」の管理人、松崎 サブローです!

不動産投資に興味がありますか?

「不動産投資」と聞くと難しそうで、始める前に何か資格を取らなければいけない(もしくは取っておいたほうが良い)のでは、と考える方も少なくないでしょう。

結論から言うと、不動産投資を始めるのに資格は必要ありません。「不動産投資を始める前に絶対取っておいた方が良い資格」というのも存在しません。

ただ、不動産や財務関連の資格を勉強して、その知識が不動産投資で役に立つということはありえます。

そこでこの記事では、不動産投資に役立つ可能性のある資格を10個ご紹介します。もちろん、10個全部取った方が良いというわけでは全くありません。資格によって身につけられる知識が違いますので、10個の中から自分が必要だと思ったものだけ挑戦を検討してみてください。

1.不動産投資を始めるのに資格はいらない

結論からいうと、不動産投資を始めるのに資格は必要ありません

投資用の不動産を購入してしまえば、誰でも始めることができます。不動産を上手く運用していくために必要な知識やノウハウなどは、経験者の話を聞いたり実践の中で身に付けたりすることが多いです。「この資格を取得すれば不動産投資のノウハウが身に付いた」と言えるようなものは無いというのが現状でしょう。
実際、不動産投資を実践している方の意見をみても、「あの資格を取っておけば良かった」などという声はほとんど見かけません。

確かに、不動産投資をする上で必要となる知識(法律や財務関係など)を身につけるのに「役立つ」資格があるのは確かです(この後でご紹介します)。ただ、それらの資格が不動産投資をするうえで「必要か」というとそうではないでしょう。専門的なことが必要になった場合、すでに資格を持っている専門家に任せたり意見を聞いたりしても良いのです。資格取得にかかる「お金と時間」という意味でのコストパフォーマンスを考える必要があります。

以上をまとめると、不動産投資に必要な資格はありません。ただ、不動産投資に「役立つ」資格は存在します。そういった資格の取得を目指す場合は、その資格を取得する「目的」と、その資格を取得するまでの「コストパフォーマンス」(どれくらいのお金と時間がかかるか)をしっかり考える必要があります。

2.あると役に立つ資格

ここまで、不動産投資を始めるのに資格は必要ないという話をしてきました。

ただ、「そうは言っても、何か資格があると安心する」といた方や、「せっかく不動産に興味を持ったし、何か資格の勉強をしてみたい」という方もいるでしょう。

実際、不動産投資をするのに資格は必要ありませんが、先ほども書いた通り不動産にまつわる法律や不動産の管理などの知識をつける上で役に立つ資格は存在します。
そこでここからは、不動産投資をするうえで、あると役に立つ資格を紹介していきます。

コストパフォーマンス良く必要な知識をつけるために、自分にできそうなものや必要だと思ったものから順に受験を検討してみてください。

2-1.宅地建物取引士

宅地建物取引士(通称「宅建」)は宅地建物取引業法に基づいた国家資格です。不動産の売買や賃貸など不動産取引の仲介に欠かせない資格で、不動産取引で重要事項を説明するにはこの資格が必要となります。

この資格を取得することで不動産取引の知識が身に付きますので、不動産投資をするにあたって役に立つこともあるでしょう。

ちなみに、毎年の合格率は16~17%で、合格基準は正答率70%前後です。

参考:一般財団法人 不動産適正取引推進機構

2-2.不動産実務検定

不動産実務検定は、一般社団法人日本不動産コミュニティーが行う日本で初めての不動産投資専門資格で、「大家検定」と呼ばれることもあります。賃貸経営の概要、取引実務、税務など、不動産を経営するのに必要な知識をテストされます。

2級認定、1級認定、マスター認定の3段階があります。マスターに合格すると「J-REC公認不動産コンサルタント」の資格が与えられ、インストラクターとしての活動が認められるようになります。

参考:一般財団法人 日本不動産コミュニティー

2-3.投資不動産取引士

投資不動産取引士は、「一般社団法人投資不動産流通協会」という団体が主催する、投資用不動産の取引(売買・仲介・運用)に特化したプロフェッショナルを認定する資格です。

この資格を取得することで、投資不動産取引実務に必要な基礎知識を身に付けることができます。また、投資不動産取引士の登録を受けると、「一般社団法人投資不動産流通協会」が提供する特別な資料の提供を受けることもできます。

参考:一般社団法人 投資不動産流通協会

2-4.管理業務主任者

管理業務主任者は、マンション管理業者が管理組合などに対して管理業務委託に関する重要事項の説明や管理業務報告を行う際に必要とされる国家資格です。マンション管理業者にはこの資格の設置義務があります。

この資格を取得することで、マンションの管理業務委託についての知識が身に付きますので、不動産投資をするにあたって役に立つこともあるでしょう。

ちなみに、毎年の合格率は20%前後で、合格基準は正答率75%前後です。

参考:一般社団法人 マンション管理業協会

2-5.マンション管理士

マンション管理士は、国土交通省により認定された国家資格です。この資格を持っていると、マンション管理組合のコンサルタントとして、法的手段を用いて住民トラブルを解決するために必要とされる一定の知識を持っていることの証明になります。

この資格を取得することで、住民間のトラブルが発生した場合に対応するための知識が身に付きますので、マンション経営をするにあたって役に立つこともあるでしょう。

ちなみに、毎年の合格率は7~9%台で、合格基準は正答率70%前後のようです。

参考:公益財団法人 マンション管理センター

2-6.賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士は、賃貸住宅(賃貸アパート、賃貸マンションなど)の管理に関する知識・技能・倫理観を持った専門家を認定する資格です。国土交通省告示「賃貸住宅管理業務者登録制度」においても重要な役割が位置づけられた資格です。

この資格を取得することで、賃貸住宅の入居者募集や管理業務の受託・委託に関する専門業務を行うことができるようになります。資格取得を通じて身につけた知識は、投資不動産の賃貸業務の中で役立つことがあるでしょう。

参考:一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会

2-7.ホームインスペクター

ホームインスペクターは、住宅診断のプロとして、建築・不動産取引・住宅診断方法などにおける一定以上の知識、 また高い倫理観を有する専門家を認定する民間資格です。

この資格を取得することで、住宅診断の専門知識を身に付け、取引する不動産のコンディションを把握することができるようになります。こうしたノウハウは、不動産投資をする中で役に立つこともあるでしょう。

参考:NPO法人 日本ホームインスペクターズ協会

2-8.FP2級

FP(ファイナンシャル・プランナー)は、家計に関わる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度などの専門知識を元に依頼者の資金計画を立て、その実現へと導く専門家です。

試験は3級から1級まであり、2級の合格率は35%前後です。この資格の取得を通じて、資産形成の知識を身に付けることができます。これは「不動産を資産としてどう考えるか」という点で不動産投資においても活かすことができるでしょう。

参考:一般社団法人 金融財政事情研究会

2-9.簿記2級

簿記は、経営活動の帳簿をつけるために必要な技能です。資格の取得を通じて、日々の経営活動を記録・計算・整理することで、経営成績や財政状況などを明らかにするノウハウが身に付きます。

検定は初級、3級、2級、1級があり、中でも2級は「経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ」とも言われます。2級の合格率は15~30%前後です。

資格取得を通じて財務管理の基本的な知識を身に付ければ、不動産投資でお金の流れを管理することにも応用できるでしょう。

参考:日本商工会議所

2-10.証券外務員Ⅰ種・Ⅱ種

証券外交員は、金融の知識に関する代表的な資格です。金融機関や証券会社などで証券業務を行う場合に取得が求められています。

資格の取得を通じて、金融関係の基礎知識や金融取引関連のルールなどを身に付けることができます。ちなみに、Ⅱ種の合格率は60%ほどのようです。

資格取得を通じて金融や証券の基礎知識を身に付けることができます。不動産投資を「資産運用」として捉えた時に必要となる知識なので、役に立つことも多いでしょう。

参考:日本証券業協会

3.資格以外の勉強方法

資格を取る以外にも、不動産投資について勉強する方法はたくさんあります。例えば、不動産投資経験者のブログを読んだり、不動産投資のプロが書いた書籍を読んだりすることです。むしろ、こういった勉強の方が実践的なノウハウが身につくこともあるでしょう。

資格以外の方法で不動産投資の実践的なノウハウを知りたいという方は、不動産投資の勉強法|おすすめのブログや書籍などを紹介で様々な勉強法を紹介していますので、参考にしてみてください。

4.まとめ

不動産投資に役立つ資格についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。
最後に、この記事でご紹介した資格とそれぞれの参考サイトをまとめておきます。

宅地建物取引士
不動産実務検定
投資不動産取引士
管理業務主任者
マンション管理士
賃貸不動産経営管理士
ホームインスペクター
FP2級
簿記2級
証券外務員Ⅰ種・Ⅱ種

この記事が、不動産投資に興味を持ったすべての方の参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

不動産投資に関する最新情報をメールで受け取る

不動産投資に関する最新情報を届けるメールマガジンです。
クローズドのセミナーの案内や、メルマガだけで聞ける情報も盛りだくさん!
是非無料で登録してみてくださいね。

購読はこちらから