不動産投資の物件探しとエリア情報

名古屋で不動産投資を行う魅力を紹介|失敗と成功の分かれ目とは?

投稿日:

名古屋 不動産投資

日本三大都市として知られる名古屋市に建つ物件を購入して、不動産投資に取り組みたい人もいるでしょう。

名古屋市には、収益化が期待できるマンションやアパートがたくさん建っています

しかし、その一方で不動産投資に失敗する人がいるのも事実です。

どうせ不動産投資をするのであれば、損をしたくないですよね?

そこで今回は、名古屋市の不動産を購入し、失敗した人の特徴・成功させるコツを中心に解説します。

本記事終盤では、名古屋市の不動産を取り扱っている会社を紹介しています。

この記事を読むと分かること

  • 名古屋市で不動産投資を行う魅力
  • 不動産投資で失敗する人と成功する人の違い

1.名古屋で不動産投資を行う魅力

名古屋 不動産投資

名古屋市には、不動産投資を行う魅力が詰まっています。はじめに、名古屋市の強みを見てみましょう。

1-1.人口増加している

名古屋市は、平成9年から22年連続で人口が増えています(参考:名古屋市)。名古屋市の人口は、2019年8月現在で230万人を超えており、政令指定都市の中で、3番目に人口が多い自治体です(東京23区を除く)。

学生や単身赴任者も多いため、単身者の賃貸需要も高い街といえます。

1-2.2027年にリニア新幹線が開通予定

2027年に、品川~名古屋間でリニア新幹線が開通する予定です。リニア新幹線が開通すれば、品川~名古屋間の所要時間が最速40分になると言われています。東京と名古屋間の利便性が高まるため、賃貸需要が増える可能性は高いです。

1-3.スーパーターミナルシティ構想(名古屋駅再開発)

名古屋駅周辺を、再開発する計画も立てられています(参考:名古屋市)。自治体や鉄道会社などが関係しており、今以上にビジネス交流がしやすくなる街に変えようとしています。

よって、名古屋市に住む人が増える可能性があるため、不動産投資を行うには、うってつけの場所といえるのです。

メモ

名古屋に住んで、東京に通勤する生活を送る人が増えるかも!

1-4.路線が充実している

名古屋市は、路線も充実しています。JRの新幹線や在来線の他に、名古屋臨海高速鉄道「あおなみ線」、名鉄線、近鉄線、名古屋市営地下鉄(6路線)が通っています。

そのため、中心部付近に住めば車を持っていなくても、交通アクセスの面で生活が不便に感じることは少ないです。さらに、名古屋駅から中部国際空港まで一本の路線で行けるのもメリットです。飛行機を使う機会が多い人も、住みやすい場所といえます。

2.名古屋と東京都心部の利回り・家賃相場事情

ここでは、名古屋と東京の利回りと家賃相場事情を比較してみましょう。

2-1.利回り

一般社団法人日本不動産研究会が、2019年に発表した資料「不動産投資家調査」によると、名古屋市の方が利回りは高いです。東京都心部の地価は、3%台後半~4%台中盤が標準ですが、名古屋市の場合は5%前後となっています。

2-2.物件の購入相場

物件の購入相場は、東京都心部より名古屋市の方が安いです。アットホームの「中古マンション価格相場」を見ると、東京都心部で最も高い地域は「港区」で、約9,830万円でした。しかし、名古屋市で最も高い地域「中区」は、約3,324万円です。

これを見ても、東京都心部よりも名古屋市の方が、安く購入しやすいことがお分かりでしょう。よって、名古屋市に建つ物件の方が、少ない資金で買える物件が多いといえます。

3.魅力がある街なのに不動産投資に失敗する人もいる

名古屋市は、不動産投資家にとって魅力がある街です。しかし、魅力的な街で物件を買っても失敗する人もいます。ここでは、不動産投資に失敗する人の共通点を見てみましょう。

3-1.高騰しきった場所の物件を購入した

名古屋市内には、価格が高騰しきっている物件が多く建つ地域もあります。価格がピークを迎えた時に買ってしまうと、購入後に物件の価値が下がります

物件の価値が下がるということは、賃貸相場も下がるということです。つまり、家賃収入が減る原因になります。物件を購入する時は、今後も物件が上がりそうな物を購入しましょう。

3-2.需要がない場所の物件を購入した

名古屋市内の中には、賃貸の需要がない地域もあります。たとえば、こんな感じです。

  • 交通の便が悪い
  • 近くにスーパーやコンビニがない
  • 街の魅力がなくなっている

上記の内容に当てはまっている場合、賃貸需要がなくなる恐れがあります。そのため、街のブランド力や利便性を考えたうえで、購入しましょう。

3-3.建物が乱立している場所の物件を選んだ

いくら賃貸の需要があっても、建物が乱立している地域の物件を購入した場合、他の物件に住まれてしまい、購入した物件に入居者が来ない恐れもあります

賃貸物件が多い地域の中には、入居者が集まらずに家賃の値下げ競争が起こる恐れもあるため、ご注意ください。

なお、こちらのページにも失敗例が載っていますので、ご覧ください。

関連記事>>>注意できてる?不動産投資でよくある失敗の4つの例

4.名古屋市で不動産投資を成功させる3つの方法

どうせ不動産投資をするなら、稼ぎたいものです。ここでは、名古屋市で不動産投資を成功させる3つの方法を紹介します。

4-1.交通アクセスを攻略する

鉄道の路線図を見て、交通アクセスを攻略しましょう。極端に言えば、路線別でどのような人が住んでいるか把握してから、物件を購入するということです。

路線沿いに住んでいる人の特徴(例.学生が多い、ファミリー層が多い)を理解できれば、どのくらいの広さの物件を借りるべきか把握しやすいでしょう

注意

一駅変わるだけで、住んでいる人の特徴が変わる場所もあるので要注意!

4-2.人気のエリアに建つ物件を購入してみる

名古屋市内の人気エリアに建っている物件を、購入するのも方法です。

おしゃれな街に住みたい人を狙うのであれば「池下エリア」、高級住宅街に住む人を狙う場合は「星ヶ丘、覚王山エリア」、交通の便を最重視するなら「名古屋駅付近エリア」の物件を購入することを、おすすめします

4-3.ワンルームのマンションを購入する

ワンルームマンションの購入をおすすめする理由は、一人暮らしの人が多いからです。学生や単身者など、一人暮らしをしている人が集まっており、独身者も増えています。よって、今後もワンルームマンションの需要がアップする可能性は高いでしょう。

下記のページにも、稼ぐコツが載っています。

関連記事>>>不動産投資の成功率は高いの?|儲けるための5ステップを公開!

5.名古屋で不動産投資をしている人のブログを見るのも大事!

名古屋市で不動産投資を行っている人のブログを見て学べば、不動産投資で稼ぐためのヒントが見つかる可能性があります。ここでは、名古屋市の物件を購入して、不動産投資をしている人のブログを紹介します。

5-1.這い上がれ! ライアンの不動産投資ブログ

這い上がれ! ライアンの不動産投資ブログ」は、過去に、ワンルーム投資で失敗した経験を持つライアン氏のブログです。現在は一棟買いを軸に不動産投資をしており、愛知県の他に静岡県、栃木県にも投資用物件を持っています。ブログには購入した物件の内容も載っているため、参考にできる箇所が多いでしょう

表面利回りが10%を超える物件を中心に購入しており、高リターンの物件を多く保有しているのも特徴です。

5-2.名古屋の大家の忘備録

名古屋の大家の忘備録」は、零細企業の経営者で、気付いたら大家の活動をしていた人のブログです。猫に関する内容がたくさん載っていますが、不動産の購入に関する投稿も載っています。文章はポップな感じで読みやすいです。

文量も少ないため、短時間で読みたい人におすすめのブログといえます。

6.【最後に】名古屋の物件を販売している不動産会社を紹介!

読者の中には、名古屋市の物件をどこで購入すべきか迷う人もいるでしょう。最後の章では、名古屋市内に建つ物件を販売している不動産会社を3つ紹介します。

6-1.az不動産

出典:az不動産

名古屋市中区に本社があるaz不動産では、名古屋市など東海地方に建つ物件を中心に扱っています。入居者募集にも力を入れており、入居キャンペーンを企画してくれることもあります。

不動産投資用の物件販売の他に、物件のリノベーションや物件建設時の計画立てなど幅広く事業を展開しているため、売買以外の不動産に関することで相談をしたい人にもおすすめです。

6-2.エターナル

出典:エターナル

エターナルは、2015年4月に設立した企業で、東京都世田谷区に事務所を持つ会社です。東京に会社を持っていながら、名古屋市の物件を扱っています

不動産投資に関するコンサルティングも行っており、収支計画のシミュレーションや、物件に関するポートフォリオの作成もしています。

6-3.エーチーム

出典:エーチーム

エーチームは、不動産会社というよりはコンサルティング会社に近いイメージです。不動産投資に関する無料相談やセカンドオピニオン制度も導入しており、不動産投資家向けのサービスも広く展開しています。

7.まとめ

名古屋市は人口が多く、今後も街が発展する可能性が高いため、不動産投資には魅力的な街といえます。しかし、ひと口に名古屋市内の物件といっても、入居者が集まる物件もあれば、集まらない物件もあります。

ぜひ、入居者が集まりそうな物件を購入して、収益化を目指してみてください。

  • この記事を書いた人
松崎サブロー

松崎サブロー

イエベストの編集長です。宅地建物取引士。不動産会社では不動産投資、不動産売却、不動産賃貸、不動産管理など幅広く担当。 不動産に関わる難しい知識を初心者にもわかりやすい正しい情報として提供することを心がけています。

-不動産投資の物件探しとエリア情報

Copyright© イエベスト , 2019 All Rights Reserved.